村議会管内視察に随行

昨夜は、草刈後の宿直で戸締まりして残業の方を待っていたら
いつの間にか畳の上で撃沈。

午前2時に気付いて起き、気を取り直して就寝。

朝になり、バス点呼を経て今日の支度。

本日は、終日…

村議会管内視察に随行させて頂きます。
何故ならば…

管内視察のテーマが、村内の村道、林道、農道の各種要望箇所巡り。
事前にルートと要望内容の情報をもらっていたので、
道路台帳図面のコピーを作り、要望事項を確実に控えられるように準備。

職場の車両4台に分乗。。
課長さんと私の2人は、測量器具を常時積載している専用車両に乗り。
議会議員の皆様、副村長さん、議会事務局の方、そして我々ふたりで現場へ。

まずは下黒川区内の現場を回ります。

あいにくの雨。
手には傘、道路台帳図面ファイル、ボールペン、カメラ、巻き尺。

持ちきれません(汗

作業ズボンにポケットがたくさんついているってのは、
非常に役に立ちます。

続いて上黒川区内、坂宇場区内と巡りますが、
全部で20箇所弱の現場。

各々で要望事項や対応方法が議論あり、
それらをメモしつつ現場写真撮って、運転して…と。

もうひとり、担当者が欲しいところ…ですが、
万年人手不足の職場です。しょうがない。

現場でのディスカッション、車内で課長とのディスカッション。

様々な考え方、「想い」、方策を学ぶ、大変良い機会。
大変でしたけど。

豊根村の北の端っこ。

DSC_4731

雨上がりの嶺々から立ち上る大地の息吹を感じながら、未来の道路がココに有り。
いずれは、愛知県内有数の観光地へのアクセス道路に!

DSC_4735

白い葉っぱが緑の葉っぱに混じる、特徴的な見た目の、
こちらはマタタビです。

議員の先生方も、じっくり拝見。

美しい草花があるかと思えば、マタタビの横の沢に…

2台の冷蔵庫が。

不法投棄されていました。
目立たない林道の奥、心ない輩がリサイクル料金を払いたくないためか、
こうして不法投棄する。後を絶ちません。

日本人の道徳はどこへ行ってしまったのか。

ここまで運んで捨てるなんて、交通費の方が高く付きそうですけどね。
自分良ければ全て良しの典型。

見えないところにも、人はいます。

これで、午前の部は終了。

道の駅グリーンポート宮嶋で昼食。

食後は林道2路線を経由し、随時停車して状況確認を進めつつ、
三沢区内に到着。

村道の終点付近まで向かうんですが、
だんだん道幅が狭くなり、途中から未舗装、更に奥へ向かうためには…

下車して全員、徒歩です。

本当に、村道??林道じゃないの??という声が聞こえてくるくらい、
かなりの勾配で路面も不陸状態。

その先に、路盤決壊した場所があります。

現場を見ながら、ざっとソロバンをはじきつつ。

三沢区内を数カ所巡視し、富山区内へ。

旧小中学校前で下車すると、三沢区内との気温差に驚きます。
ここはもう、夏です。

さすが、豊根村内で最も標高が低い場所。

DSC_4737

1日で、これだけの要望箇所を巡ったのは初めて。
いずれもこれから着手していくこと。

限られた予算の中、林道と農道は先輩、村道は私。
村が管轄する道路の担当者はふたりしかおりませんので、
抱えられる現場の数にも限りが有ります。

そんな中、優先順位を明確にして、着実に進めていくことが大切。

道路は、村民の生活になくてはならない、
最も基礎的な事業のひとつです。

旧富山村議事堂で総括会議を実施し、
とみやま来富館で夕食会。

まさに、ブレインストーミング。

4月に行われた村議会議員選挙後、
こうして議員の先生方と夕食取りながら談義するのは初めて。

私の父親世代の皆様です。

私が幼い頃からお世話になっている方々。
「けんちゃん」
と、呼んで下さり、緊張の糸がほぐれました。

帰り道も課長さんとふたりで帰途に着きます。
富山から職場までの50分。

さすがアニマルランド。
鹿は当たり前のように遭遇。

車内の会話で印象に残ったフレーズのひとつが、

道路は作るときお金がかかるが、維持するためずっと、お金が必要になるもの。

ということ。

様々な道路の損傷モードや要災害対策箇所を現地現物で目の当たりにし、
道路の管理について、さらに深く考えた一日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください