舗装工事から急遽浜松

受け持っている現場のひとつ…

下層路盤や上層路盤が仕上がりました!

と、いうわけで…
最後の仕上げ、表層の舗装です。

DSC_4947

非常に暑い日が続き、漆黒の色によって、
アスファルトの温度が下がりにくい状態。

これぞ、舗装日和。

フィニッシャでアスファルトを道路に流し込んで、
ローラーで転圧するとき、一定の温度以上である必要があります。

温度が規定よりも低いと、品質に悪影響を及ぼすため。

品質にとって、この猛暑日和は有り難いわけですが、
作業している方々にとっては、たまらんです。

足下からは150度以上のアスファルトの熱気、
上空からは照りつける暑さ…。

DSC_4945

非常に過酷な状況でありつつも、
高い品質を維持されるため、手際よく、スピーディーに作業を進められます。

そんな中でも、笑顔を忘れぬプロフェッショナル。

頭が下がります。

これで、路面から漏水がしみ出しまくっていたこの現場も、
美しい舗装路面に生まれ変わって…

まだあと少し、路肩処理などが残っていますが、
事故など無く、完了を迎えることを楽しみに!

ちなみに、この現場、監督員は私ですが、
現場責任者の方は…

あの素晴らしい舞を奉納される…
山内の榊鬼様!

さすがに、現場で舞を見せて下さいとは言えませんが。

現場に対する熱意もアツく!
勉強させて頂いております。

 

職場へ戻って、デスクワークですが、
夕方から電話祭り状態。

と、そこへ追加して、自分のケータイも鳴り始める。
しかし、出られずにいると…

再び、着信。

自宅から!

むむ!
何度もトライしてくるということは…緊急事態か!?

仕事を中断して電話に出てみると、緊急事態だった。

終業時刻まで、あと10分!

それまでに仕掛かり中だった仕事を急いでしまい込んで、引き継ぎして、自宅へ。

直ぐに車を乗り換えて、妻を乗せて浜松の病院へ。
念のために、入院用のセットも携えて。

急ぎなので、高速道路を利用。
病院に無事到着し受付をすると…

車椅子登場!?

なんだこのゆゆしき事態は。
診察室まで車椅子を押して向かいます。

結果は、悪い知らせじゃなくて、一安心。

病院の方からは

「連絡下さったら、直ぐに出かけるようにしてください!」

と、注意を受けましたが…。
片道1時間半かかりまして…と説明すると、

「そ…それは…遠いですね…(汗
電話頂いてから、2時間近くいらっしゃらないので心配していました。」

少しでも怪しいと思ったら、飛んできて下さいとのこと。
空振りを恐れずに!

往復3時間。

今後、何度有るか分かりませんが、がんばります。

帰宅したのは、23時でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*