息子最後の保育園運動会

息子の成長、あっという間です。
最後の運動会になります。

大人数9人の同級生にとって最後。

9人のほとんどは末っ子で、
お兄ちゃんお姉ちゃんがいないのは、息子のみ。

来年になると…園児、保護者の数が、ぐっと減ってしまいます。

そんな話題が、ご挨拶の中で何度も出てきた開会式。

DSC03060

午前中、盛りだくさんのプログラム!
運動会に向けて練習して来た園児さんたちの成果が楽しみ。

DSC03106

開会式の「杉の子コール」!!

DSC05466

拳を突き上げてーーー!!

準備体操は…

アナと雪の女王で一世風靡した「レット・イット・ゴー」を体操風にアレンジした楽曲。

DSC05472

アナ雪の体操があるとは。
自宅で少し披露していて、息子の創作だと思っていたら違った(笑)

続いて、変身競技。
くじ引きして出される変身お題を把握し、
かぶり物とサングラスを選択して駆け巡る!!

DSC03072

かぶり方にも、個性が表れます。

息子は赤いサングラスに…

DSC03077

これは…なんぞ??

写真から判別するのが非常に困難ですが、
お侍さん…ちょんまげを、逆にかぶっておるじゃあないか。

後頭部がハゲている状態ですが(笑)

DSC03097

変装して嬉しそうな子どもたちの退場シーン。

次は、お兄さんお姉さんたちによる競技!
保育園を卒業したお兄さんお姉さん、卒業してからだいぶ立つ小学生に至るまで!

兄弟が保育園にいる子たちを中心に、
後輩たちの運動会を盛り上げに来てくれてます。

DSC03124

そして、楽しんでいます☆

子どもたちのみならず、モチロン!
親が出場する競技も。

親子競技、父親と一緒に綱引き…????

DSC03149

年長組の親子で2チームに別れ、綱引きしますが、
各お父さんの背中には息子&娘たち(笑)

DSC03151

私も、息子を背負って綱を引く。
綱引きが始まった瞬間、振り落とされまいとお父さんの背中にしがみつく!

しかし、それが楽しすぎた息子よ、背中ではしゃぐなぁーー!

落ちる!落ちる!!

綱を引き、落ちそうになる息子を気にして、集中力を削がれる競技でした(笑)

そのまま我らお父さんたちは入場ゲートに待機し、
次の種目は父親競技。

純粋に、父親たちによる玉入れです。

「ただ、玉を入れるだけじゃ面白くないもんね。」

という園長先生の一言が予言していたのは…

DSC03160

まさかの!
敵チームによる、ラケットはたき落としオプション付き。

もちろん、背の高い先輩方がそれを担当され。
投げ入れようと高く舞い上がった「玉」は、一部、ラケットではたき落とされました(笑)

運動会前半のフィナーレは、運動会といえば、やはりこれ!
「かけっこ」です。

DSC03175

3歳未満児クラスのおふたりさん、
ピンクの帽子をかぶって、ちょこちょこちょこ~っと走って行く姿、
全ての観客の視線をふたり占めです。可愛らしい☆

年少クラス、年中クラスを経て…年長クラスの番!
息子は我が家によく遊びに来る仲良しさんと2人で競争。

スタートからフライング判定で、やる気満々。

DSC03215

2人の実力が拮抗して、良い勝負!
しかし、カーブで抜くに抜けない息子。

DSC03226

ぶつかりかけつつ、2回目のコーナーを経て…

DSC03231

フィニッシュラインへ!!
ほぼ、同着!

DSC03236

なかなかの良い走りでした。

ここで一旦、休憩の時間です。

妻子、初めての外出!!!

妻と生後1ヶ月の娘が息子(お兄ちゃん)の勇姿を見るため、
とよねドームに駆けつけた。

さらにさらに!

いつものばあばと、東京(妻実家)のばあばも来訪。

休憩時間、生まれたての娘を多くの方が見に来て下さいました☆

DSC03246

休憩を経てから、最初の競技は…

ニコニコさん参加種目。
保育園未就園児クラスの皆さんです。

村で一番の若手たちです。

お父さん若しくはお母さんが付添、抱っこしながらの参加です。
動きが可愛いのなんのって!!

歩くだけでも、歓声が上がっちゃう(笑)

ゴール地点には保育士さんが待ち受けていて、
マイクを向けて自己紹介タイム。

「おなまえは、なんですか?」
「すきなたべものは、なんですか?」

お子さんにマイクを向けた後…

「お父さんの好きな食べ物は何ですか?」

「えっ?ボクもっすか??」

戸惑いながらも、答えるお父さん(笑)

保育士さん、会場の笑いを取ることを忘れていませんww

そして…お呼びが掛かった、我が家の妻娘!
後1ヶ月での登場。

DSC03326

さすがに競技はできないので、マイクで自己紹介☆
保育士の先生、ありがとうございます。

 

このところ、ずーっと息子がハマっていて、
帰宅後も「おとーさん、見てて!!」と何度も見せてくれたのが…

縄跳び!!

この日に向けて、保育園では縄跳びの練習が盛んだったそうです。

DSC03365

ドラゴンボールのテーマソングに乗せてポーズを決めながら、
年長さんたちによる縄跳びタイム!!

DSC03431

個人縄跳び競技があったかと思えば…

DSC03440

突如、全員走り出し。

これはビックリ!!
年長組で大縄飛び!!!

DSC03446

日頃のトランポリンで鍛えた跳躍力!?
もっと真ん中で飛べば良いのに、大縄の隅っこで高くジャンプする息子。

みんな、うまい!!

子どもたちや親の競技のみならず、
御来賓の皆様やじいじ、ばあばによる種目があります。

せっかくなので…

妻母が参戦!
2人一組で布を持ち、布にボールを乗せて、障害を乗り越え、
向こう側で待機している前走者にボールを受け渡す。

DSC03488

受け渡したるは…村長さん、村議さんペア。

村長さん、動きが軽やかです。

DSC03500

競技の合間には、父母の会役員さんが競技道具の片付け準備をしてくださいます。
ここで、強力な助っ人たちが登場!!

DSC03533

朝から長野県へ少年野球試合の遠征に出かけていた小学生たちが、
試合を終えて戻って来ました!

手伝ってくれます。

会場が、一気に賑やかになりました☆

準備の道具、棒やタイヤ、マットなどが並べられ、
これから何が行われるのか…次は、母親種目!!

毎年、保育園運動会の中で、最も過激になる種目です(笑)

我が家は、妻がまだ走れる体調では無いため、
ばあばが母親代わりになって出場。

道具の準備が終わると、小中学校の校長先生がおもむろにマットの方向へ歩みを進め。
マットの上に座られました。

競技の説明がアナウンスされ…

2チームに別れた母親、それぞれの陣地に並び、
中央に設置された「モノ」を引っ張って人知までたくさん持ってきた方が勝利というもの。

ん??

モノ???

その答えは…!!

DSC03554

校長先生、めっちゃ引っ張られてるーーー!

DSC03557

中学校の校長先生も。

DSC03569

お母様方のパワーに圧倒された表情です。

勝負はモノの個数で決定しますが、
見事、両校長先生を引っ張ったチームが勝利(笑)

DSC03575

今年もまた、過激でした。

熱気あふれる競技場内を再び、落ちつかせてくれる、年長さんたちによるダンス。

DSC03617

来年は小学生かぁ…と、思いを馳せ。

ここで、個人的事件発生。

ビデオカメラの電池残量が残り90分くらいだったので、
まだまだ大丈夫だろうと思っていたら、いつの間にか電池切れサインが。

2本あるバッテリーのうち、容量の大きい方、
インフォリチウムのインフォ機能がおかしい…。

マズイ。
これは、非常にマズイ。

まだリレーとくす玉割りが残っている!!

このままだと、帰宅後、大ひんしゅく大会が待ち受けることに…。
息子にとって、最後の保育園運動会。
その事実を伝えたら、妻の顔が引きつっています。

すると…。
隣で一緒にビデオカメラとカメラ撮影の二刀流していた後輩君が、
「うちの電池良かったら使いますか??」

天からの助けだーーー!
ありがとうっ!!

彼も、同じくSONYのハンディーカム。

バッテリーの互換性もあって、本当に助かりました。

十分な電池残量で、安心して続きを撮影できました。
さあ、フィナーレが迫ってきました。

DSC03740

リレーのスタートを飾る、息子と同級生君。
お互いに顔を見合わせて、「負けないぞ!」と言っているようです。

DSC03745

次の選手へバトンタッチ!!

DSC03749

最後の競技、玉割りゲーム。
これまた、背の高い先輩方がしっかりと玉をぶら下げて!

DSC03771

スタートの合図と共に、くす玉に向けて球を投げる!!

DSC03781

なかなか割れません!
それがまた、勝負を過熱させます。

おっ!!

白組が優勢か…!?

そろそろ白いくす玉が割れそう…
そう思った次の瞬間!!

DSC03782

なんと、赤と白のくす玉が、同時に割れました。

まさに、奇跡。
すげぇ。

ここで同点!と、直ぐに決めないのが、さすが豊根の保育士さん。

会場に審査を求めます。
赤と白、どちらが早いか。早い方で拍手を求めます。
勝負にこだわるべし!

が!

赤も、白も、同じくらいの拍手の大きさ!!

会場も納得のうえで、同点!と決定しました☆

閉会式を経て、全員協力で会場撤収。
お昼を少し回ったところで、運動会終了。

帰宅後、予想通り…

運動会ビデオ上映振り返り会が始まりました(笑)
さっき、リアルで見たばっかりやん!と、思いながら。

競技している方にとっては、どうだったか客観的視点が楽しみなんですね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください