豊橋新城設楽へ建設巡り

朝、あらかじめ作成しておいた必要書類を最終確認。

これを持って、承認を取り付けるべく、豊橋へ出かけます。

…の、前に。

現場確認必要な案件が発生したので、
上司と共に現場へ出動。

その案件は外部調整が必要で、
ちょうど、本日の出張ルート上に外部調整の機関が!

現場から職場へ戻り、急いで資料を作って携えようとしたところで
また、別の調整案件も持って行くことになり、更に急いで資料を準備。

日頃蓄積したデータを整理整頓してサーバーに置いておくと、
急遽必要になったとき、1秒でも早く、取り出すことが出来ます。

そうこうしているうちに、豊橋での約束の時間が迫ってきます。
訪問先の順序を確認して、資料を確認して、車を走らせる。

豊橋では、午後1時に豊根村の番が回ってきます。
定められた会議室に間に合った。

会議室にて承認を取り付けるために、私が説明する相手は4名。
先方から、開口一番。

「説明者は、あと何名いらっしゃいますか?」

え?
えーっと…わたくし独りですが…何か問題でも??

「え?ひとりですか…??いえ、問題はありませんが…。分かりました。」

というわけで、説明スタート。

質問を大量に浴びつつも、なんとか回答し、
わたくしもかねてから疑問だった仕組みなどがあるので、
こちらからも質問し、抱えていた疑問点が氷解しました。

4対1で質問攻め。
まるで、会社の採用面接だ。これは。

全プロセスが終了して会議室を出ると、
大人数で待っている他の団体の方々。

ああ、なるほど。

最初の質問は…こういうことか!
独りで乗り込んでくるなんてことは、あまり無いみたい。

大名行列を作らにゃいかんのかん?

 

さあ、今度は新城市にある機関へ。
ここでは、道路関係課、河川関係課、総務関係課にて
各々、相談&調整&報告。
私の守備範囲で関係する部署が多岐にわたるので、
いろーんな方々とお知り合いになれます。

ラストは設楽町にある機関へ。
ここでは4つの案件について、それぞれの対応部署を回って調整。

いずれにしても、説明の仕方が大切。

相手に理解してもらうのは当然として、
どう説明したら対応してもらえるか。
交渉能力が重要。

日が暮れて、ようやく全て片付いて。
(一部は宿題有りなので、片付いたとも言い切れませんが)

密度が高くてくたばった。

土木の仕事に異動して1年半。
帰宅して今日の1日を振り返ってみると、
関係機関との「顔が見える関係」が、だいぶ広がったなぁと感じたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*