坂宇場花祭り2015後半

午前0時過ぎ。

消防団夜警を終えて、訓練服に身を包んだ団員一同、舞庭へ!
夜警長演ずる山見鬼が終わり、会場の熱気が上がる三つ舞。

DSC07223

私、マーライオンを経て、平常心を取り戻しつつある手元は、確かなものになってきました。
最近、マーライオンの機会が続いております。

改めて、花祭りを撮影するというのは、非常に難しい!

特に、動きが激しい三つ舞になってくると尚更です。

会場の光源は限られ、レンズを通して入ってくる光の量は少ない。
よって、シャッタースピードをスローにするか、ISO感度を上げるしかない。

だがしかし、動きある被写体だけにシャッタースピードは下げきれない。
ノイズ覚悟でISO値を上げるのみ、手法は限られる。

会場の雰囲気を出したいので、フラッシュは炊けない。

ISO値に特化したカメラを使っていても、難しい(汗

そんなときは、撮影そっちのけで舞を楽しむ。

DSC07226

お父さんやお母さんの顔が思い浮かぶ子どもたちの舞。
白衣に身を包んだ氏子の方々が、舞子の進路をふさぐ酔っ払い集団をかき分ける!

DSC07253

それにも負けじと、舞手を鼓舞する舞庭内の酔っ払いセイト衆。
そんな攻防も、花祭りの醍醐味(笑)

三つ舞の剣、舞手の年齢が少し上がり、
舞い方にもキレが出てきます。

DSC07272

額を汗びっしょりにして、一心不乱に舞い通す。

「トーホヘ!ハーン(イ)ヤ!」

その舞いに答えるかのように、会場でも舞いに合わせて掛け声!

DSC07285

初めて花祭りを観る人たちも、巻き込む!
一升瓶片手に湯飲みを持つ氏子衆に日本酒を注がれまくる!

坂宇場花祭りに魅了されて毎年欠かさず、遠方からいらっしゃる方々も。
「ご無沙汰です!」
と、一年に一度の再会を楽しみます。

残念ながら、妻はまだ幼い娘の面倒を見るため、来ることが出来ず…。
息子は、私が消防団夜警のため面倒を見ることが出来ないため、連れてこれず。

花祭りが好きでたまらない息子。

これはもう、かなり不満のことと思います。

が!
天の導きか。

親類で訃報があったため、葬儀に駆けつけるため来ていた伯父さんが、
息子を連れて花祭り会場に来て下さいました。

故人の方とは、数ヶ月前に入院中のところ、
お見舞いしてお話ししたのが最期となってしまいました…。

本当に、残念なことに…。

病室でお話ししたときの、
「けんちゃん、がんばっとるね!わしも負けんようにせんと。」
という最後に交わした言葉、何度も脳裏で再生されます。

空を仰ぎながら、何度か思いを馳せる舞庭。

息子は念願叶って花祭りに来ることができ、
同級生たちと汗まみれになって走り回っていました。

気温は0度ですが。

つづいて、宝の舞(願花)。

DSC07293

豊根村に来たときから、坂宇場花祭りにて、ずーっとお世話になっている
今は設楽町地域おこし協力隊くん、白衣を着て舞う姿も、かなり様になってきました。

氏子の若い衆から、「(幼い頃から待っているわけでもないのに)いしいくん、すげぇなぁ!」と。

舞習いにも、設楽町から夜更けに何度も足を運んだ。
相変わらずのバイタリティ。

時刻は午前3時。
ついに登場、榊鬼様。

DSC07308a

消防団第1部所属の先輩による舞です。

DSC07316

問答が始まり、

DSC07331a

「ひぃ~ても、ひかれぬ、こ~のさか~き。」

続いて、釜割り。

DSC07344a

たい割り。

DSC07361a

最も長い、鬼の舞。
最後に舞出でて、底なしスタミナを感じさせる舞。

DSC07381

上黒川と兄弟のような坂宇場花祭りですが、
「へんべ」の踏み方など、ちょっとした違いが興味深い。

続く、すりこぎも!!
3名体制です。

DSC07403

何度、ロックオンされたことか…(汗

DSC07409

カメラ目線を撮影するのも、えらいことです。
顔中味噌だらけになって、ファインダーのぞけません。

ファインダーのぞくと、カメラが味噌だらけになる…。

いやしかし、美味しい、面白い。

DSC07392

何度も迫り来る、すりこぎ。

明け方近くになり、四つ舞の扇。

DSC07419

ここで、顔を洗いがてら、車内で少々仮眠。

この日のために!
後部座席をフルフラットにして、寝袋を敷き、いつでも寝られる体制です(笑)

車内までこだまする太鼓と笛の拍子に耳を立てながら、
この拍子は…!!!

湯囃子始まった!!

急いで舞庭へ。

繰り返しますが、気温0度。
会場の熱気は、それを感じさせない!

DSC07423

けれど、寝起きの私は、超寒い。
そして、頭が痛い…(汗

飲み過ぎたかな(汗
既に、アルコールを縁切りして、だいぶ経つというのに。

DSC07428

今年は、脱ぐこと無く!
大人しくシャッターチャンスを狙います。

そして、始まったーーー!

DSC07430a

冬近づく気配が、遠のいていくような景色(笑)

DSC07438

もう、湯気で、何も見えないっ!!
しかし、どこからともなく、飛んでくる熱湯!

DSC07445a

産まれ清まりました。

1時間以上舞い通した湯囃子の舞手を待ち構えているのは、
最後のカラス飛び!

DSC07456

意識で制御する範囲を超えた疲労が足腰に蓄積し、吹っ飛ぶ!

一晩中続いた熱気を納めるような形で登場する朝鬼。

DSC07483a

こちらもまた…ミスター花祭り@坂宇場の従兄弟!
まさか、ひと晩で山見鬼と朝鬼を舞うとは…恐るべし。

ちなみに、夜警長。

DSC07492

最後、湯蓋を落とし、フィナーレ。

DSC07495

最後の演目、獅子舞は…

DSC07506a

坂宇場花祭り名物!?(笑)
獅子舞VS獅子舞。

即席獅子舞で超薄着にて、頭を務めるのは、榊鬼を舞っていた先輩。
薄着のレベルを通り越しています。

気温、2度です。少し上がりました?

DSC07508a

今年の坂宇場花祭りも、終焉を迎え。

帰り支度をしているところで…

氏子の若い衆から、

「遅くまで…いや、早くまで?ありがとねー!」

「ブログ、楽しみに待っているでよっ!」

こちらこそ、有り難う御座いました。
持ちつ持たれつ…

今度は、上黒川花祭りを囃しに来てくださいねーーー!
やはり、舞庭は賑やかいほうが、舞手も力が入ります。

帰宅後、起床した伯父さんをお見送りし、
さあ、寝床に付くか…と思いつつも、興奮冷めやらず、眠れません。

“坂宇場花祭り2015後半” への2件の返信

  1.  お疲れ様でした。奥さんの姿がなかったのは、やはりそういう事情でしたか。それにしても、ここは絶えず囃してますよね(笑) 応援している少年が「四つ舞(扇)」までばらけましたので、囃し過ぎて喉がやられました(苦笑) 味噌塗りのロックオン手法はかなりスリリングでした(笑) 元気とさわやかな気持ちを持ち帰る事ができました。
     貴所の花祭りに向けての動きも始まったということで、本番を訪ねるのを楽しみにしております。ただ、今年はみかん(早生)が正月までもつ(保存)かどうか分かりません・・・。

    • 幼子がいると、なかなか自由に動けないのがツラいところです(汗

      スーさんも、ずーっと起きていらっしゃいましたねぇ~。
      余所の花に訪れる度に、演目がランクアップしていってて、
      そこで子どもたちの成長を感じますね。

      いつの間にか、大学生になっちゃってたり。
      自分も、おっさんになったなぁと、改めて感じさせられたり(笑)

      さあ、これから上黒川にスイッチを入れ替えて!
      ドキドキの年末年始を楽しみましょう!

      いつも、みかんをありがとうございます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください