朝8時、組の集会場に、近所の男衆集合。

私の住む集落は、全部で13戸。

簡易水道はありますが、それとは別で、
農業利用したりする水道を、組で管理しています。

先人達が対岸の山、中腹から引っ張った水道網。
しかし、自然の微々たる変化がもたらす影響があり、
時折配管詰まりなどの不具合が発生して水圧が弱くなってします。

このところ、水圧が弱くなっていたこともあり、修繕のため緊急招集かかりました。

水圧計が付いているわけではないので、地上露出部を狙って切断。
その部分の水流を観察しながら、水詰まりの対象部位を探索します。

20151227_083510_760

1箇所は、ココが原因ではないかという場所が分かり、作業を進めている最中、
別働隊から、水が噴き出している場所がある!という連絡が。

そこに行ってみると、山肌から雪崩のように押し寄せる倒木の嵐。
倒木が倒れた先の地中から、湧き水のように…水が噴き出しています。

その部分を確認するために、まずは倒木の撤去から。

DSC_5580

枝葉を取り除き、倒木に対しては、チェーンソーを用いて玉切り。

DSC_5581

玉切りした丸太を、そこから運び出します。
そして…現れたのが、

DSC_5584

コンコンと湧き出す水。
その奥には、配管らしきものがうっすらと見えます。

一緒に作業していたひとりは、パルとよねの支配人さん。

「これが、温泉だったらねぇ~(笑)」

確かに!

 

さて。今夜は上黒川花祭り舞習いの2日目。

DSC08133

舞習いは毎年12月26日から30日と決まっており、
どのような曜日構成であっても、変わりありません。

今年は、初日が土曜日、2日目が日曜日ということもあり、
村外、遠方に住み、おじいちゃんおばあちゃんが豊根にいる子どもたちも、
初日から全員揃って練習に。

よって、中学生以下全ての舞が練習できるので、
昨夜は終了時刻が夜更けになりました。

さあ、今夜も日曜日。
冬休み中の子どもたち参集して、きっと…日付変更は間違い無し!

昨日決めた舞子表に従って、
保育園児、小学生から練習始まります。

息子、明日月曜日は保育園。
昨夜は、自分の舞習いが終わってからも、23時過ぎまで、
汗びっしょりになりながら神社境内を走りまくっていましたが。

今日は、練習が終わったら、さっさと母上が迎えに来て帰途に。
後ろ髪を引かれる思いのようでしたが。

上黒川地区は、中学校2年生の学年が多く、
高校生が不在の穴を埋めています。
高校生の舞は、中学生には、ハードな舞になるので、大変ですが(汗

同年代の中でもキャリアの長さに差があるので、
長年舞ってきた子が、初めて舞う子に。

同級生同士で教え合い。

DSC08132

子どもたちに舞の指導をしながら、
私も、太鼓を練習します。

昨夜、怒られた教訓を生かして、頭の中でシミュレーション。
花の舞(扇)と、地固め(剣)の太鼓を叩かせて頂き。

毎年、榊鬼や山見鬼を担っている師匠から、
激励のお言葉頂いたことで、少し自信が持てました。

ホッとした。
けれど、また、太鼓の前に座ると緊張するんだろうなぁ~。
ま、頑張ります。

また、今年入ったばかりの同僚や地域おこし協力隊くん、
そして、参候祭りで活躍していたK先生が、笛吹きに参加してくれ!

舞庭から笛の音が途絶えること無く、彼ら彼女たちも、
あっという間に笛吹きを身につけて、本番が楽しみ。

明日は仕事納め!
舞習い終了が午前2時。

目覚ましを3重にかけて、床に就きます(笑)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]