仕事を終えて東栄町へ!

今Term最後の歯医者さん。
虫歯の治療ではありませんが、念入りにクリーニングして頂きました。

時期を同じくして、母上も同じ歯科医院へ通院中。
こちらは、私とは比べものにならぬ程の大工事!!

親子でお世話になっています。

疑問があって質問すると、何でも詳しく答えて下さる、
インフォームドコンセント能力が高い先生。
必ず最後に、何か質問などありますか?聞いて下さいます。

遠慮無く、質問させて頂くわけですが…

今回の質問は、少しベクトルを変えてみました。

以前、母上から聞いたところに寄ると…
先生は、超大物作家さんの血縁にあたるとのこと。

診療を終えてから、伺ってみましたらば!!
この質問に対しても、詳細にお答え下さいました(笑)

その大物作家さんの代表作は…こちら。

旗本退屈男

作者は、佐々木 味津三(ささき みつぞう)氏

この方、先生の曾お祖父様の弟さんだそうです。
設楽町津具のご出身。

元々は純文学を志しておられた方だそうですが、
長兄(先生の曾お祖父さん)を早くに亡くしたため、
その家族を養うためもあり、大衆向け小説に転向。

先生のお祖父様は佐々木味津三先生に育てられ、
そして歯科医師となられ。
先生が歯科医師三代目だそうです。

そういわれてみれば、先生のお名前には…
超大物作家さんの面影が。

質問してみるものです。

帰宅し、続いては村内某所へパソコンヘルプデスク出張です。
この並べられたオレンジピールを見て、どこに向かったのか分かる人は豊根通(笑)

DSC_6094

今シーズンも、大量に仕込まれて、できあがりが楽しみですなぁ。

随所で呼ばれるパソコンヘルプデスクけんた。
これが生業になったら趣味の延長で面白いのですが、
やはり顧客を囲い込む点で、絶対数が少ないこの地では不利でしょうか(汗

いや、生業にするにしても、日常的にお世話になっているので、お金取れません。

日頃お世話になっている方々ですから、
ボランティアは惜しみません☆

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]