昨日思わずして降った雪のことをすっかり忘れるほど、
麓には雪がありませんでしたが、今日は昼前から富山地区へ。

霧石トンネルにさしかかったところで…

DSC_6230

雪が降ったことを思い出した!!

景観整備事業のお陰様で、
ほとんどの区間において積雪は溶けておりましたが、
それでも山の陰になるような日陰部分は残っていて。

ここから標高300メートルの富山集落内まで向かうと、
そこは春の陽気にポカポカです。

一気に冬から春へ。

関係者の皆様が勢揃いし、一同、目的地へ!

先日の新聞記事の舞台になった村道近く。
コンクリートの階段をいくつも上って、目的地到着。

DSC_6250

こりゃ絶景!!
こんなに見晴らしの良い場所が!

初めて来ました。

周りは咲き始めた梅の花に囲まれ。

弁当でも広げたら、さぞかし気持ちよく食事できるだろうなぁ~
そんな妄想をしながら、現実の仕事へ打ち込みます。

道すがら、

「けんたろくん、何か落ちてるけど…なんだか分かるー?」

DSC_6244

呼ばれて近くに行ってみると…ビニール袋?
なんだろう?

近づいてよく見てみると、センサーらしきモノが付いてる。

DSC_6243

側面には英語表記。
気球に乗って、何かが飛んできた!?

さらに側面には、日本語表記も。

DSC_6242b

気象観測用の簡易計測器!

おおおお!

初めて見た。

ラジオゾンデか!?

それにしても、「不燃物として処分して下さい」とは。

使い捨てなんですね。

毎日の気象予想のために必要な存在。
ってことは…これって、相当な量が空を飛んでどこかに落ちているということ。

気象庁高層気象観測のラジオゾンデ飛行軌跡予測 | 気象観測・環境アセスメント | 日本気象株式会社

大抵は太平洋に落下するそうですが、
まれに内陸部へも風向きによっては到達するとか。

面白い物を発見しました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]