KindleOasisという偏重心電子書籍端末が出た

既出ですが、新しい道路を見るのは気持ちが良い。

DSC_6387

この道を走る日が来るのが、待ち遠しい!

そんな現場付近で打合せし、課長と現場を巡っていたらいつの間にか日が暮れる。
やっぱ、現場に出てなんぼ!パソコンは程々にしたい今日この頃です。

 

昨夜から娘が発熱して、慌ただしい自宅。
非番だった母上が、妻子を連れて浜松の病院へ連れて行ってくれました。

もっと大きな病院へ行った方が良いという指示を受けたらしく…
その足で、大病院へ。
お昼休みにそれを聞いて、落ち着かない午後。

とりあえず急を要することは無さそうですが、
後日、精密な検査が必要とのこと。
しばらく、落ちつかん…これは。

帰宅後、息子によると、初めての宿題を持って帰ってきたらしい。
しかし、肝心の宿題の内容を憶えていないと…!??

さあ、どうなるのか。

 

そんな中で、ワクワクするニュース。
新しいKindle端末が発表されていた!

しかも、読書に最適な電子ペーパー端末のニューモデル!

電子ペーパーは、EInkを使っていて、
見た目は液晶とは全くかけ離れた、まさに紙。

紙を見ているような錯覚に。

ボタンを押したり画面をタッチすると、
紙面の文字だけが、サーッと入れ替わるようなイメージ。

もちろん、書籍データーはamazonで購入ボタンを押すと、
そのまま端末にダウンロードされます。

書店まで距離のある豊根では、電子書籍は大助かり。

ちなみに、Kindleオーナーライブラリーに掲載されている書籍は、
amazonプライム会員なら月に1冊、無料でダウンロードできます。

カバーを外した状態だと、131gという軽さ!
歯磨き粉一本分の重さ。

最薄部3.4mmという薄さ!

kw-feature-thinnest._CB276693866_

付属のブックカバー自体にもサブバッテリーが内蔵されていて、
カバーを早着すると充電が始まり、併用することで、1度の充電により数ヶ月充電いらず。

カバンの中に放り込んでおいて、電池残量など気にせずに。
昼休みなどの空き時間を利用してどこでも読書が出来る!

ちょっと変わった断面をしていますが、これが片手で持つのに抜群の形状。

持ち手の部分から距離が離れるにつれて、薄くなり軽くなる。

手で持つ部分を軸と考えたときのモーメントが、
一般的な方形のデバイスより少ない。

SONYが初めてのタブレット型端末として出したSony Tablet Sシリーズの、
本体の片側に厚みを持たせた「偏重心デザイン」と同じ考え方。

偏重心になっていることで、手に持ったときに軽く感じる人間工学。

工業デザインは面白い。

発売予定日は2016年4月27日。

欲しいなぁ…。
しかし、この値段。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*