浜松通院から奥三河郷土館ナイトミュージアム

子どもの通院のため、朝から浜松市へ。

ついでに買い出しを済ませて、あっという間に夜。

いつもなら国道151号を北上して村へ戻ってくるところですが、
今回は国道257号経由で設楽町へ直行!

午後7時から、奥三河郷土館ナイトミュージアムが開催されます!

皆さん御存知、設楽町地域おこし協力隊の彼がいる、あそこです。
妻子と共に、夕暮れの田口。

DSC_6845

奥三河郷土館 – 設楽町

夜の博物館、未体験ゾーン。
夜というだけで、ぞくぞくするような…
1日、疲れ切ってから博物館を巡るとか、人間の感覚を攻めてきます。

DSC_6844

入口で向かえてくれるのは、電灯の明かりではありません。

DSC_6846

ちょっと早い迎え火か!?
と思いきや、これはまだ電気が普及する前の時代、
各家庭で明かりとして利用されていた器具たち。

火事にならないような工夫がされながら、効率よく火が続くように。

仕組み的に見ても、面白い。

そして!!

今回は奥三河郷土館と奥三河総合センターのコラボ企画です。

奥三河郷土館の屋上が開放されており、そこへ上ると…

DSC_6825

田口の夜景を背景に、スクリーンが。

DSC_6830

星空観察会とのコラボレーション!!!

星空案内をして下さるのは、奥三河総合センターを管理されているGOTOさん。
GOTOさんは、星空観察会in休暇村茶臼山高原でもお手伝い下さっていて、
UZ先生と共に、星空に長けた存在であります。

この、年代物の屈折望遠鏡。

DSC_6828

口径に似合わぬ長さ。

保存状態が良く、美しくお月様を観察できます。

火星や土星が導入され、参加者のほぼ全てを占める設楽町の皆様が堪能。

入口では、展示品ビンゴゲームと穴埋めクイズ。
用紙を受け取った息子は、一瞬にして姿を消しました。

コラッ!!館内を走るんじゃないッ!!

何度注意したことか。
それっくらい、恐るべき集中力を見せた息子。
博物館系は、性に合っているようです。

夜の郷土館は昼間とは全く違った趣。

DSC_6832

展示物にのみ照明が当てられることで、
一層、その存在感を主張しているように感じ、そこへ没頭できます。

一見して自然物と見えそうな石ころですが、
規則的な形、人為的な形状…

これらの展示は、田口中学校郷土クラブが授業後に
地域をくまなく歩き回って見つけ出した石器時代の遺物。

DSC_6833

点数がハンパない!!

スゴイ。

彼らが成長して、どういった針路をたどったのか、気になります。

目を引く展示は数限りないわけですが、
解説文の多くは手書きによるもの、味があります。

豊根村にも伝説の形跡が残っている、南朝伝説を説明したパネル。

DSC_6834

基本的に、我々が住む過疎地域というのは、
かつては中央の権力闘争に破れた人々の行き着く先でありました。

権力闘争に破れた南朝政権の、高貴な血筋の足跡が至る所にあります。

続いて、興味を引いたパネルはこちら。

DSC_6837

明治初期の愛知県内村分布を示す地図。
数ある村がひしめき合っている状況を示しており、
今でもその名残は地名に残っております。

DSC_6839

村の名前は、主に、庄屋さんの屋号。

自分たちが住んでいる場所だからこそ、気になってしまう展示です。

時代は今に近づき、戦時中。

DSC_6836

日本軍で使用された衣料。
軍服です。

こういったものが捨てられずに残されている。
寄贈された方々には、思い入れがあったことと思われます。

最後に、これはもう、後生に残されるべき、まさに民俗資料。

DSC_6840

正月をスタートに、年中行事で使用される道具類が並んでいます。
年中行事が大好きな日本人を示すかのように。

こうした年中行事も、ある時、一斉に始まったものでは無く、
時代による流行があって、少しずつ付け足されたか、
また、我々の知るところとなることなく、無くなっていった行事もあったと思います。

現代はここに、クリスマスとかハロウィンとか加わるんでしょうね。
西洋文化だからといって、この展示に付け加えられないという理由はありません。

ここに付け加えたら面白いかも知れません。

中国からも大きく影響を受けている文化です。

すっかり日は落ちて、玄関にある反射望遠鏡も稼働を開始しました。

DSC_6847

もちろん、ナビゲーターはGOTOさんです。

ガイド鏡がいっちょまえの望遠鏡サイズ。

そして…奥三河郷土館のトレードマークとも言える田口線展示の車内では、
田口線の歴史を振り返るムービーが上映されていました。

DSC_6848

外が暗くて景色が全く見えず、一切の視界が遮られているからか、
この車両に乗ってタイムスリップしたかのような錯覚に。

展示の仕方、工夫が凝らされています。

外が暗くなったところで、郷土館の外壁にプロジェクターで写真上映!

なんちゃって、プロジェクションマッピング!?
スマホカメラの限界で、その様子を捉えることができませんでしたが…。

気付けば、時計の針は午後10時。

息子、全然帰ろうとしません。
郷土館から引き剥がすように車に乗せて。

ステキな展示を有り難う御座いました!

帰宅したら午後11時。
急いで子どもたちをお風呂に入れて…

くたばったけど、良い時間を過ごしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*