エクセル関数を駆使して仕事短縮

週末、整理しておいた情報を持って出勤。

朝から一気に、全力投入!!

まずは大至急というタイトルの調査照会から、
ひたすらエクセルシートの空欄を埋めまくり。

作業想定時間4時間に対して、1時間で終わった!

エクセルの関数、大活躍。

特に、膨大な情報から必要な情報を引っ張り出すために重宝します。
エクセル関数は、知っているのと知らないのとでは、
1日仕事が1時間で終わることもあるし、侮れません。

最初の作業段取り段階で、
どの関数を使うと最も効率的か、見定める事が大切。

一番時間短縮できる関数は何か?

多少時間を掛けても良いので、吟味しないと…

いざ作業に入った段階で、短縮効果が大きく異なります。

自分が異動したとき、新しく異動してきた方が、
そのエクセル関数を用いたシートを流用できるようにしておくことも大切です。

他人が作ったエクセル関数を理解するために
自らゼロから作るよりも時間が掛かったりします。

よって、パッと見てどこを引用してどこにアウトプットするのか。
それが分かるようにしておく。

全ての仕事に切りが付いて。

…いや、現場に行けなかったから失格か。

無事、夜は野球の審判へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください