外は薄暗い、宵闇から明ける直前。

早朝から息子をたたき起こし、朝食を取って準備。
まだ眠そうな顔のまま息子、ユニフォームに着替えてクルマに乗り。

新城市へ出発。

道中、後方から見覚えのある車両…
あ、先輩だ!

先輩に道をお譲りし、後を付いて会場である新城市有海の球場に到着。

豊根少年野球クラブ、奥三河リーグ戦。

ウォーミングアップからスタート。
冷え込みが厳しくなってきている秋の朝。

息子、半袖かよっ!!

DSC06187

すんません。
長袖のアンダーウエア、まだ買っていないのです…(汗
最初は寒いと言っていたものの、身体が温まったようで。

DSC06186

強い日差しも助けて、我々もだんだん薄着に。
コーチ陣から指示を頂き、おいらも他コートにノックボールが流れていかないように、
グローブ携えて球拾いします。

いい汗をかきました。

さあ、試合開始!

DSC06196

対戦相手は、新城のチーム。

DSC06200

チームのコーチを務める先輩が塁審に立ち、
その見つめる眼差しの先には、先発ピッチャーである先輩の長男。

DSC06207

序盤から、投手戦が進み。

まだレギュラーまでの道のりが遠い1年生の息子。
めっちゃ楽しそうに嬉々としてボールボーイやってます☆

DSC06216

豊根チームのリードで試合が進み。

DSC06234

保護者の応援にも熱が入ります。
こうして写真撮っていると、アウトカウントがわからんくなる(汗

DSC06249

接戦で手に汗握り、撮影を忘れます。

最終的に、3-3の同点でゲームセット。

続いて、2試合目がスタートします。
対戦相手は…お隣の!

東栄町チーム。

DSC06262

ピッチャーは、以前職場でお世話になっていた先輩の息子さん。

DSC06264

対する相手のピッチャー、背が高い!
おいらよりも、高い。きっと。

DSC06269

白熱した試合。

DSC06271

監督の眼差しも厳しく。

DSC06278

結果は、1-5で豊根の勝利!

相変わらず、強い!

礼節を大切に教えて下さるコーチ陣。
試合の中に限らず、挨拶や団体行動をしっかり指導して下さいます。

DSC06304

お昼過ぎ、だいぶ気温が上がってきました。
やはり、新城はまだ初秋です。

解散し、息子のリクエストでピアゴのスガキヤラーメン!

食した後、妻から送られてきた買い物リストに沿って、食料品を買い出しします。
買い物カゴ2つに満載。

店内では、豊根村の方に、たーっくさん遭遇しました(笑)

息子もさすがに早朝から疲れたのか、車内で爆睡。
おいらはコーヒーで目を覚ませながら、帰路の途中で寄り道。

DSC06309

今シーズンも、スタートしましたよーーーーー!!!

花祭りシーズン到来。

まず皮切りに、東栄町小林地区の花祭りへGO!

到着すると息子をたたき起こし(本日2度目)。

最初はぐずっていた息子も、花祭りと聞いて目が輝く(笑)
たき火に当たりながら、見知らぬ方々と知らぬ間にコミュニケーションを取っている息子。

その姿、息子の祖父(我が亡父)にそっくりです。

鬼の舞を見つめながら、リズムを取る息子。

DSC06318

小林地区の花祭りは独特。

どこの花とも似つかぬ魅力、大変興味深いです。
来る度に発見があります。

あまり長居できなかったのが心残り。
息子は後ろ髪引かれ放題でしたが(笑)

 

一度、帰宅して夕食。

支度を調えて…今夜は花祭りの舞習い!

月1回恒例となった大人の太鼓練習&舞習いです。

先回の復習から始まり、より細かい指導を頂きます。
うたぐらも序盤については暗記が進みました。

だが!

四つ舞のうたぐら音程は…本当に難しい。
恐らく、「慣れ」が足りないものと思いますので、反復が必要。

最後に、鬼の舞を練習させて下さるということで、マサカリを持って。

まだまだ。
妙な癖をいくつか持っているおいら。

それを修正するために、そこへ集中力を持っていくと…

今度は舞の順番が飛んじゃったりして。

頭で意識して舞うからダメ。
身体が覚え込むようにしないと。

それは、幼い頃から舞習いでたたき込まれてきた手法と一緒。
大人になってからたたき込むというのは、なかなか難しいものがあります。

貴重な時間を頂いて、山見鬼を一通り、舞わせて頂きました。
汗ビショビショ。
普段使わない部位の筋肉が悲鳴を…(笑)

22時過ぎ、練習が解散となり、一旦帰宅して吸汗した服を着替え。
風邪を引かないように着込んで。

寝てしまった息子と娘をばあばにおまかせし。

 

妻と2人で東栄町御園地区の花祭りへ!!

間に合うか!?
間に合うのか…??山見鬼。

到着した瞬間、山見鬼様が幕引きしてしまいました…。

残念っ!!

ちょうど、おいらが山見鬼を練習している時、御園花祭りも山見鬼だった。

可愛い伴鬼さんたちが、舞庭を思い切り盛り上げてくれていました☆

DSC05057

なんと!
この中には、豊根村の下黒川からも伴鬼応援があったと!

DSC05059

どおりで。
なんか、豊根っぽい舞い方の鬼様がいると思ったら…(笑)

続く順の舞は、お姉様方。

DSC05061

その舞の所作…男顔負けですよ!!
スゴイ。
跳ねて、伸ばしてという基本動作、しなやかさを併せ持って圧巻です。

続いて、花の舞「扇」。

DSC05066

花の舞「ぼん」

DSC05081

花の舞「舞上げ」。

DSC05106

子どもたちの舞い方、上手し!

教え方が上手いんだろうなぁ。
そう思って、どうやって教えているのかを聞いてみた。

舞いごとに舞う場所を分けて、複数箇所同時進行で練習しているんだそうです。
よって、2分の1の時間で進められるため、細かい指導が可能。

基本所作については、反復練習することもあるとか。
なるほど。

子どもたちも上手に舞えると嬉しくて続けたくなるもの。
そうなれるように、サポートしてあげるのが大人の役割。
従前にこだわらず、より良い方法を模索せねば。

DSC05138

花笠をかぶっていた記憶が最近のように感じる、御園の双子ちゃんたちも、
大きくなり…おいら、完全に身長を追い抜かれておりますが…

三つ舞「扇」です。

DSC05147

キレ、伸び、しなやかさ。
ハイレベルです。

DSC05152

太鼓を叩くのはお父さん。

@午前2時。

榊鬼まで見届けたいところでしたが…

どうやっても睡魔に勝てず。
それもそのはず。

今日の活動は、明け方からのスタートでした。

御園では、やっしさんを始め、多くの方からお酒をご馳走になり。
追い打ちを掛けるように、足下もフラフラであります(笑)

そろそろ帰った方がいいんじゃないの?

妻に送ってもらい、帰宅することに致しました。

舞庭でも多くの方とお話しし、花祭りシーズンが始まったなーー!と感じた夜でした☆

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]