毎日、何が起きるか分からない。
それが人生。

大小あれども、それらに対してひとつひとつ丁寧に対応していくことが大切。

にもかかわらず…。

仕事でおいら作成の書類にミスが多発。

うなだれて自責の念にかられますが、
落ち込む暇があったら、次に同じミスをしないようにせねば。

上司と共に名古屋出張の予定でしたが、上司に行って頂きました。

帰宅が遅くなってしまいましたが、当初予定通り!
妻と息子と共に、東栄町月地区の花祭りへ!

娘さんは、預かりを快諾してくれたばあばに頼んで御就寝。
息子も、週末に学芸会があるので無理はさせられないと…置いていくつもりでしたが、

花祭りに行く!これだけは譲れない!

というくらい、息子から頑固な眼差しを向けられ(笑)

好きだなぁ。

時刻は午後10時。

舞庭は…え!?撥の舞!?
まだ、舞が始まったばかりであります!

DSC05212

撥を持って舞っておられるのは、東栄町の土木担当課長さん。
おいらも仕事で、大変っ!お世話になっている御方であります。

そして…

祖父母の代でありますが、我が家と親戚。

舞庭には、豊根衆の姿も☆

熟練衆の舞は周囲で騒ぐというよりも見入ってしまう舞。

DSC05217

と、ここで段取り不足発覚!

しまった。
自宅を出てくる時、娘をお風呂に入れたのはいいんですが、
ばあばがお風呂に入る間、娘がひとりになってしまう。

というわけで、ちょっと眠そうな息子を連れておいらだけ帰宅。

妻は、月に取り残されて大喜びであります!

自宅までの15分程度の道中、息子はグッスリ。
そのまま抱っこして階段を上り、寝室へ放り込みます。

1年生、重いっす。

ついでに仮眠を取ろうとしたら、榊鬼の庭入りを見逃しました(汗

よって、ここからしばらく、妻撮影。

DSC05225

少年による、いちの舞。

DSC05236

地固めの舞(扇の手)。

DSC05312

そして…榊鬼の庭入り!
豊根の花祭りには無い演目です。

DSC05336

榊鬼様は、舞庭へ2度現る。
その1度目。

DSC05355

榊鬼の舞手は、豊根村内で働くあの方!

DSC05375

おいらより若くとも、長年、榊鬼を舞い続けている。
ああ~舞が見たかったぁーーー!

花の舞(盆)。

DSC05391

3人舞が4人舞のようであります(笑)

午前2時半頃。

くたばった身体をどうにか立てて、仮眠から目覚めるおいら。
よし!気合いを入れて、再び月へ参る!

寝室からそぉ~っと出て、出かけようとすると…

ダン!ダン!ダン!

勢いよく階段を駆け下りる音が。
な…なにっ!??

寝ぼけ眼の息子、まさか起きてくるとは。

ど…どうした???
い…一緒に月へ行くか…??

「うん。行く。行くに決まってるじゃん。」

はい。
了解致した。

決まってるんだね。

車内で再び寝落ちしそうな息子を連れて月到着。

花の舞(湯桶)。

DSC05404

御園の大将に見守られながら。
常にどこの花祭りでもいらっしゃる。

人生の一部は花祭りというよりも…むしろ、花祭りの一部のような御方。

DSC05412

こちらにも、いらっしゃいます。
どこの花祭りにもいらっしゃる津具の大将。

DSC05427

若い衆に抱きしめられて(笑)

山見鬼様登場!

DSC05441

時間帯が変わると、観客も変わる。

DSC05449

DSC05460

DSC05462

DSC05475

今夜もまた、火の粉を浴びた。
既に何度も浴びている花祭り専用ダウンジャケット。

穴だらけで羽毛が飛び出しています。

こうした火を扱う神事において欠かせぬ存在、消防団員活躍中!!

DSC05454

観客の安全配慮、隅々まで目配りされています。

山見鬼様が場から去り。

三つ舞(扇の手)。

DSC05483

続いて、三つ舞(やち)

DSC05489

小さい頃から、ずーっと舞を見ている子。

我が家にもよく、遊びに来てくれました。

なんか、もう、おいら身長抜かれていますが!!

凛々しい青年の舞に近づきつつあります。
時に、お父さんから檄が飛び!

外が徐々に明るくなってくる時間帯。
子どもたちにとってもキツイ時間帯。

我が家も限界につき、帰宅することにしました。
おいらは、たーんと熱燗やビールをご馳走になり、酔っ払い。

妻に運転してもらって帰宅。

順番に風呂に入っていたら、おいらの順番が回ってきたのは午前7時。

風呂を出たら、グッスリ寝たあと、気持ちよい目覚め姿の娘とばあばが。
24時間営業コンビニシフト状態の我が家です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]