正月気分は元旦まで!

1月2日は毎年、上黒川花祭り最後の舞習いと舞庭準備が終日行われます。
支度して舞庭へ出かけると、まだ静かな空間。

DSC06752

本番用の太鼓や舞の道具を、協力して運搬。
揃った組から舞習いスタート!

DSC06755

おいらも、太鼓の練習を兼ねて、いくつか叩かせて頂きました。

息子の表情も、引き締まり。

DSC06761

お昼頃、村の成人式に出席された愛知県議会議員の峰野先生が舞庭へ!
毎年、顔を出して下さいます。

そして!!

娘を抱っこしてくださり。

DSC06767

なんとーーー!
見知らぬ人に抱っこされると嫌がる娘が…

なついているを通り越して、寝そう!!(笑)

一方、息子は大きなどんぶりメシを勢いよくかき込む!

DSC06773

前日練習では毎年、ばあばたちがお昼ご飯を作ってくれます。

DSC06775

ご飯と味噌汁と漬物という単純な組み合わせが、
ここでしか味わうことが出来ない、なんともいえぬ思い出の味になるんです。

舞庭外では、湯囃子の舞手となる若者たちが、
舞に使用する「たわし」を制作中。

DSC06776

自分の手に合ったサイズを確認しながら。
練習用にも1組作ります。

一旦、舞を中断し、舞屋飾りがつるし上げられます。

DSC06783

我々切草チームが切った紙が、生まれ変わる。
生まれ変わらせる舞屋飾りを当番する皆様のお陰様で、
上黒川の独特な花祭りの雰囲気が醸成されます!!!

それぞれに役割分担があり、花祭りは作り上げられる。

午後からは青年たちが最初で最後の舞習い。

DSC06785

時間節約のため、四つ舞と湯囃子を同時進行で練習。
舞習いでしか、見ることが出来ない光景。

日が暮れて、おいらは山見鬼の練習をさせて頂けました。

練習の終了が遅くなってしまうので、ぶっつけ本番になるかと覚悟していましたが、
省略版で舞習い、有り難う御座います。

練習後は夕食代わりに焼き肉!
もちろん、明日から神事なので鶏肉で。

飲酒運転絶対禁止なので、ハラールのようなメニューです。

さあ、練習が終わった。
自宅で息子をピックアップし、古戸の花祭りへGO!

まずは、ばあばの実家、青山工務店に立ち寄り、新年のご挨拶。

おいらの従兄弟が勢揃いで、近況報告を。
息子は、テレビに映し出されているリアル野球ボードゲームに夢中(笑)

そして、舞庭へ!

DSC06791

花の舞が始まったところ。

東栄町の、お世話になっている皆様に新年のご挨拶回りしながら、
一方、息子は…

DSC06792

夜食に、立ち食いうどんww

「またあとで、下黒川花祭で会いましょう!」

そんな会話を数人の方としながら、下黒川花祭へ!

息子を舞堂に置き去りにして、おいらは消防団夜警へ。
舞堂には、息子を知っているひとばかりだから…なんとかなるさ!って。

消防団第2部詰所で、新年のご挨拶をしつつ、ゆっくりさせて頂きました。

んで、舞堂へ!ここでも新年のご挨拶。
花祭りがあるから、正月の3が日だけで、かなりの方に出会うことが出来ます。

DSC06797

山見鬼様だーーー!

DSC06809a

キレのある動き、山見鬼の大先輩。
そこに迷いは存在せず、圧倒的な存在感。

自分も目指すべき頂。

DSC06824

囃す声により舞堂の雰囲気は最高潮へ!
続いて、三つ舞の扇。

DSC06842

…ん!?

白衣の数が…ひとつ、ふたつ…

あれっ!?
3人舞のはずが、6つの白衣が踊っている!???

下黒川花祭といえば、勢いよく高く、飛び上がる、このジャンプ!!

DSC06848

その隣に、ハチマキ姿の…

酔っ払いに分した子どもたちだーーーーー!!!

DSC06855

これは、面白い。

めっちゃ盛り上がる。

笑いすぎて腹筋が…。

最高の空間、ごちそうさまでしたっ!!

午前1時半頃帰宅。

息子を風呂に入れて、明日に備えます。

聞く話によると、すりこぎ味噌パックが凄かったとか…。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]