水の流れを整える現場

降雨が少なくなるこの時期は、水辺を操る絶好の機会。

地域からの切実な要望を経て予算化された事業、
それらを遂行します。

ただ。

河川などの水回りは、経験値も少なくて…。
現場や現場代理人さんから学ばせて頂くこと、多々あります。

その都度、「そっちのやり方の方が良さそうだなぁ~」と思うことも多々。

現場にとって最も良い方法、最も安く済む方法を考え、
やり方を検討します。

現場へ出向き、進め方を協議します。

そこに、納入された物品。

DSC_0570

写真からだとサイズ感が伝わりにくいですが、
直径600mmの排水管。

潜って遊べそうなサイズです。

そして、設置する先。

DSC_0571

バックホウを用いて、綺麗に整えて下さいました。
おいらが作成した図面もありますが、
机上だけでは分からない、現場の状況というモノがあります。

現場に足を運んで、最適解を探す。

現場代理人さんも協力して下さり、
どうやったら一番安く、確実なものができあがるかをディスカッション。

どのレベルなら施工可能なのかが分かるのも、現場に行ってこそ。

次の設計に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*