仕事を終えて帰宅。
食卓には恵方巻。

小さな手が伸びてきた。

DSC_0578

その手の大きさに比較すると、巨大に見える恵方巻。

我が家の食卓で、沈黙して方角を向いて食べるなど、不可能なこと。
妻お手製の恵方巻を頬張り、鬼の面をかぶった長男が豆をまき。

その鬼の面を見た娘は泣きじゃくり。

やはり花祭りの鬼の面とは全く違う反応です。

花祭りの鬼の面は、怖がるどころか興味を示して一緒にリズムを刻むのに。

明日は早朝に自宅を出発する予定。
早々と布団に入り、明日に備えます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]