昨日の訃報を受けて、午前中、村内の喪主宅へ弔いに。

祖父の代、曾祖父の代、代々親戚関係にあり、
我が祖父祖母、父の葬儀では右も左も分からないおいらに多くの助言を下さると共に、
終始葬儀に関わって賑やかなトークで場を保たせてくださり。

大変お世話になった方。

安らかなる最期の時を伺い、手を合わせました。
更に、喪主さんは職場の先輩。

いつもお世話になっております。
通夜、そして葬儀と大変な日が待ち受けていますが、無理なされませんように。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]