事前準備も佳境を迎えています

朝、早速、昨夜の集合写真を全員にメール配信してから仕事スタート!

今日もまた、何組かのお客様が中日新聞の夜桜記事を手に
職場のカウンターを訪れておられました☆

 

週末のイベントに向けた最後の詰め、確認をしているとちょっとした異常に気付き、
その異常を起点として修正が大きく広がることもあって(汗

なかなか、一筋縄ではいかない。

一方で、発注していた「ブツ」が次々と入荷中。
茶臼山高原のミスター流体力学くんが自ら搬入してくれました。

DSC_1134

何種類かの発注物品を、最終的にはひとつにまとめます。
単純ライン作業が何度も発生した今日。

課員総出になってラインを組み、流れ作業を何度も行いました。

ラインといえば、カイゼン。

数量が多いだけに、各々が素晴らしいライン平準化案を繰り出して、
どんどん作業速度がUPします(タクトタイムが縮みます)。

そして今日も当たり前のように定時を超える。

残業時間というのは「慣れ」があるもので。

徐々に時間を延ばしていくと、平気になってくるもんです。

これが、危ない。

大学院の研究室や前職でしっかり味わいました。
午前0時に帰ることが当たり前になると、それが普通になっちゃう。
日付が変わる前に帰宅できると、今日は早く帰れたな。なんて。

それは、仕事以外で勉強することを疎かにするパターンです。

仕事の時間は密度を高くして極力早く切り上げ、
社会人ならば早く帰宅して勉強の時間を作るべき。

勉強ってのは学校の勉強と違って、社会人としての教養。
語彙を増やすことでも良し、政治を学ぶも良し、社会の仕組みを学ぶも良し。
はたまた、語学、統計学、経理、営業、数学、知識を蓄える、いくらでもあります。

仕事のスピードを上げるならば、
オフィスソフトのショートカット集やエクセル関数、マクロを勉強しても良い。

仕事時間は成果を出す場で、勉強の時間は別に取るべき…とおいらは思います。
もちろん、仕事は勉強になりますが、系統的ではありません。

仕事では現地現物で触れて学び、
帰宅してからは系統的な勉強によって学び、
より早く仕事をこなすことができるようになることこそ、あるべき姿。

努力せずして、形ならず。

ただ、テレビを全く観ないことで、世間から取り残されるリスクはあります(汗
ま、ネットがあるし、OK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*