【書籍】国道151号151話

愛知県建設部の出先機関である新城設楽建設事務所。
その出先機関で、設楽町には設楽支所があります。

ここ数年、おいらが仕事で最もお世話になっている支所。

仕事上、ほぼ全ての職員さんとやりとりがある中で、
「坂本さん、良い本があるんですよ。」
と、職員さんから紹介して頂いたのが

■春夏秋冬叢書/発行物「国道151号。151話。」

この世で恐らく、この一冊だけであろう…国道151号線を特集した書籍です。
さすが、建設事務所の職員さん。
自らが管理する国道に対して、かなりマニアックな情報を集めておられます。

国道151号は起点を飯田市、終点の豊橋まで続く総延長131.8 km(長野県 46.7 km、愛知県 85.1 km)の補助国道。

■国道151号 – Wikipedia

長野県
飯田市 – 下伊那郡下條村 – 下伊那郡阿南町
愛知県
北設楽郡豊根村 – 北設楽郡東栄町 – 新城市 – 豊川市 – 豊橋市

上記の8市町村を通過します。
先日、この8市町村で集まる国道151号のとある会合に出席しました。
この組み合わせを結びつけるのは、国道151号しかありません。

さて、本題に戻りまして。

この書籍では国道151号を南下しながら、時には分岐する沿道深くまで入り込んで、その土地土地が持つ歴史、文化財や天然記念物にも踏み込む。

国道151号を木の幹とし、色鮮やかな枝葉である沿線情景を俯瞰的に眺め、一つの木が一つの書籍になったような作品です。

豊根村で言えば、主要地方道を冠する阿南東栄線や津具大嵐停車場線。
主張地方道阿南東栄線は国道151号に平行して走る主要地方道ですが、現在の国道151号が車道として整備される前、歩道時代に三河国と信州を結ぶ中心路線だったそうです。
それもそのはず。
峠のアップダウンもお構いなしに、地図上の最短距離を走っている主要地方道阿南東栄線。
歩き道時代ならば、距離が短い方で峠を抜けるルートが主になります。

主張地方道阿南東栄線は、国道151号を遥かに凌駕するクネクネ急勾配ばかりの山道です。

2004年発行なので、情報は14年前。
今とちょっと違った風景が繰り広げられていますが、それはそれで楽しめます。

豊根村内の情報も良いのですが、普段何気なく通っている阿南町地内や東栄町地内。
すなわち、隣町の情報がとてもおもしろい。

国道151号と三遠南信自動車道鳳来峡ICとの交点となる新城市の名号(みょうごう)交差点。
この「名号」という地名の由来が言及されていました。

弘法大師がこの地に逗留した際、まだこの地には名前が無く、村びとが名前を付けてくれるよう頼んだところ、「南無阿弥陀仏」と書かれた。その南無阿弥陀仏の六字を名号ということから、地名が名号になったと言われる。

まさか、名号という地名は南無阿弥陀仏にゆかりがあるとは。

昔からの幹線道路には、石仏群がつきもの。
本書では、道路脇にひっそりとたたずむ石仏に対しても言及があります。
読み進めている中で、

あ、そういえば、あそこに石仏群があった!

とか。
日常の中にとけ込んだ風景に対する発見がいくつもありました。

この本を片手に、近隣の市町へ出かけたくなります。

教育委員会へお願い申し上げたところ、貸出図書に加えて下さったので!
豊根村在住の皆様、ふれあい会館で貸し出し中です。

ちなみに、おいらが今まだ借りて読んでいるところですので…読み終わるまでしばしお待ち下さい。

“【書籍】国道151号151話” への4件の返信

  1. 国道151号151話・・読んでみたいです。まだ売ってるかなあ?
    子どものころは「豊飯(ほうはん)国道」と呼んでいました。
    もちろん砂利道で、沿道の家々は土埃で真っ白でした。

    昭和30年ごろ、学校帰りの豊飯国道で、徒歩行軍の自衛隊の一団に出会いました。(この話、しましたっけ?)
    面白そうなのでついて行ったら、大海で寒狭川を挟んで展開し、銃撃戦を始めました。太い茶筒のような機関銃(水冷式?)もド、ド、ドと音を立てていました。
    おおらかな時代だったなあと思います。

    話は変わりますが、二男クン、表情がすごく精悍ですね。賢そうで、将来が楽しみです。

    • 最近、教育委員会に頼んで新品取り寄せしてもらったばかりですので、どこかのルートで購入できるはずです!
      一度、書店等に聞いてみてはいかがでしょうか?以前、新城の精文館に置いてあったという情報があります。
      これは間違いなく、山のしんぶんやさん好みの本に違いありません。

      昔は未舗装道路が当たり前で、次に流行ったのが「防塵処理」といって、アスファルト乳剤を撒いて土埃を抑える技術でした。
      今設計中の工事で、まさにその層が現れて時代を感じています。

      豊飯国道と呼ばれていたんですか。
      本書にその表現はあったかなぁ?

      しかし、訓練で銃撃戦が始まり、それを一般住民が目の当たりにできるとは。
      本当に、おおらかな時代ですね。それくらいがちょうど良いような気がしますが…今、そんなことしたらマスコミの皆様が黙っておられませんね(笑)
      初めて聞きました。

      次男君、私も親バカながら、そう思います。
      慎重派で、よく観察しています。
      昨日、前転しながら一回転してリビングの床から土間に落下しましたが、ケロッとしていたメンタルの強さにビビりました。

      • アマゾンで古本見つけました。
        1200円なり。
        早速注文しました。
        面白い本だといいのですが・・・。

        • なんと!
          Amazonの古本にいましたか!
          半額以下ですね。
          もしかしたら、内容は…すでにしんぶんやさんはご存知のことばかりかもしれませんが。
          また、ご感想をお聞かせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.