国の補助を受けて実施した工事の検査を受けるため新城へ

国のお金で補助を受け、村道の工事を実施しています。
補助申請も書類がわんさかありますが、工事が終わった後の検査もしっかり行われます。

検査を受けるのは、我々。

業界用語で「受検(じゅけん)」と言います。

今回は、国土交通省所管の工事が対象で、担当者である私は書類を携えて検査会場である新城市へ。

新しい新城市役所に、初めて入りました!!

めっちゃくちゃ、きれいーーー!

設楽町さん、東栄町さんからは課長さん始め5名ほど。
新城市さんは多数が出席されますが、豊根村は私ひとりです。
いつものことなので、慣れました。

人口が少ないと職員の数も少なく、独りで数多くの案件に対応する能力が磨かれます。

豊根村の存在感が無くなったらおしまいですので、ここは目立っていきましょう。

内容については、職務に関することなので省かせて頂きまして。

無事、受検が終わり、ホッとしました。
ちなみに、受検したのは昨年の実施案件です。

土木の業界では1つの工事に対して補助事業となると、スタートから完全完了まで最低でも3年を要します。扱う金額も非常に大きいため、至極当然といえば当然。

すなわち、常に3年分の案件を抱えているようなものです。

異動があるこの業界では、このバトンパスがとても大切。
確実にバトンパスしないと、後任の方のみならず、関係団体の方々、そして住民の方々へ迷惑を掛けてしまいます。これを肝に銘じて仕事を進めるべし。

結局、出張は丸1日かかりました。

さて。
今夜は宿直。

休まる日は、なかなか訪れません。
泳ぎ続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください