レッツ豊根村with教授

紅葉も広がりつつあるこの季節★

朝8時半に教授と待ち合わせして
行ってきました!豊根村★
(俺的には、帰ってきましただがw)

もちろん、2人きりですよww

今回は、突然豊根行きが決まったため、
あまり各方面へ予約を入れることができず
結構行き当たりばったりでしたが…

まあ、感触としては…大成功!!!!

今日の出来事を書いていきマース★

まず向かったのがR153経由でそのまま根羽村から茶臼山へ
入るルート。
何故かというと…

先生に是非見ていただきたかった
「月瀬の大杉」があるからでっす★

知ってる人は知ってると思いますが…

以前の日記に写真が載ってます。
<引用>


マジで、でかいんです!
この杉。

樹齢にして1800年!

根羽村にあるため、いったん愛知県を出ますが。

先生の反応サイコーでしたww
やっぱ、これだけでかい杉は、他に見たことが無い!

2人で怪しげにぱしゃぱしゃ写真を撮ってましたw

そして、根羽村から茶臼山へ!

その道中なんですが。
もう、紅葉が綺麗なんですよ!
今、紅葉前線は、茶臼山を過ぎて中腹まで下りてきている模様。

ここでも、道中車を停めてはパシャパシャw

景色にとっても感激してました~

そして、茶臼山!
めっさ霧!
雲の中ですわ…。

まずは昼食を取る。
そこで、第一村人発見!ぢゃなくってw
早速知り合いに遭遇っす。

親類のおばさま★
そして、一個下の後輩w

んで、今回のたびのテーマは、
「豊根村は、いかにして生き残るか?」
っちゅーことなので、
こういった観光施設ひとつについても昼食の際、
先生のありがたいご講義をいただきました!

これがまた、デザイン面とか結構具体的で勉強になります。
(詳細は、別日記に書く予定。)
そう、先生は、多摩美の講義も担当してるくらいですからね。

んで、お次は茶臼山高原美術館。
ここでは、前田真三さんの写真を展示してます。
以前にも行ったんですけど、

全然写真変わってる!!!!

こりゃ、リピーターで来ても結構満足できますよ★

先生も、僕も、写真好きなので、
2人でしばらく堪能★

そして、先生、前田さんのDVD購入!

残念ながら、「奥三河」の写真集は絶版だったので、
このDVDは主に北海道の風景写真中心ですが…。

写真館をあとにすると、山を下ります。

途中、旅館「清水館」で宿泊できるか聞いてみたんですが…。

なんと、今日に限って団体さんが大量に。
そして、満室と…。

ちゅーわけで、行き当たりばったり旅行は、
この時点で日帰りに変更w

この旅館は、前にもドタキャンになっちゃったりして
お世話になっていたのでお土産を携えて★
やっぱ、礼儀は欠かせません。

先生、是非次回はここへ宿泊ください★

女将さんに、軽く就職先内定のお知らせをし…(もちろん、顔見知りw)

次なる目的地は我が家!

家には、じいちゃんとばあちゃんしかいませんでしたが。
先生と、じいちゃん。

結構相性良いぞwww

話がドンドン盛り上がって気づけば一時間くらい経ってたw

じいちゃんも、頭の回転が速く…
2人で熱烈な議論が交わされていました★

後に、先生と話をしたときに、じいちゃん80歳超えてます
って話したら、めっちゃめちゃびっくりしてましたw
先生も、この人は頭の回転が速いと思ったらしく、
結構難しい話もしてました。

なんか、自慢のじいちゃんっす!!!!!!!!

んで、一路新豊根ダムへ。

先生、原子力の専門家ですから、発電関係詳しいんですよ。
その上、揚水発電なんて、原子力と対になってるようなもんですから。
その、揚水発電方式で日本一の発電量を誇っているのが新豊根発電所なんですよ。

まあ、今回訪ねたのは、揚水発電の上池になってる新豊根ダム側。

やっぱ、山ばっかりの険しい道を進んでいった先に、
あの巨大な人造物がいきなり現れると誰しもおどろくものですねw
先生も例外じゃなかった。

2人でパシャパシャww

これがまた、ダムの湖と反対側には
大入渓谷の壮大な絶壁を見ることができるんですけど、
さっきまで降っていた雨が、水蒸気となって雲間へ消えてゆく…。

めーーっちゃ、幻想的★

癒されるわぁ…。

先生が隣にいて緊張してるのに…


癒されるわぁ・・・・・・(笑)


てか、道中、ひたすら講義受けてるようなもんでしたから(笑)
豊根のことについても、また、一段と理解と興味が深くなった。

先生、豊根初めてなのに…知識量が半端ない。

途中、先生、
「ガソリンスタンドある??やっぱ、豊根にお金を落としていかないとね。」
って…。
さすがです。

気の使い方が半端無い!

で、スタンドに行くと、中学の先輩のお姉さんがおりまして…。
僕の顔が分かったらしく、話しかけてくれました!
お互い花キチ同士、花祭りの話題で持ちきりでしたがw

そして、小学校、中学校の寮の前を通り、
先生、その小学校の大きさと寮の規模にビックリ。
少人数だから、もっと小さなのを想像してたらしいですが、
教育に力を入れていたのも、豊根村の特徴。

と!

そこへ一台の車が通りかかり、ストップ。

中から下りてきたのは…

小学校の時の校長先生であり、現村議会議員の先生★
僕に気づいて車を停めてくれ…
さらに、おいらの恩師同士の巡り会いという…。

ここは路上だが!w

まさか、小学校の時の校長と大学の教授が、
豊根のこの場所で会話を交わすなんて、
全く想像できんかったわww

で、温泉につかってから、
上黒川の舞堂へ。

このために、特別に、舞堂の鍵を開けてもらってたのです!

おやじサンキュー!

舞堂の中を見学していただき、ちょっと花祭りの解説。

雨も本降りになって来ちゃったんですが、
役場へ!

さりげに、昨夜役場の方へ電話を入れておいたんですが、
お忙しいところ快く快諾してくださりありがとうございました!

んで、最初は豊根の解説をしていただこうと思いましたが…

主だったところは既に本日、徘徊済みww

実地も伴って、先生、既に豊根マスターの勢いですが!

そして話は茶臼山の経営の話や特産ブルーベリーの広報の話、
もちろん、村の財政に関する話も。

最後の方には、豊根村の将来像について、
熱い議論が交わされておりました。

もう、ね、今日、一番勉強させてもらったのは、
おいらです。

講師の先生たっぷりだもの。

じいちゃんに、役場の方に、校長先生に…もちろん、教授。

自分の生まれ育った村に対して、真剣に考える良い機会でした。

若干ですが、自分の辿りたい将来像も見えてきました。

先生も、帰りの道で、
役場にあんな優れた人材が居るとは思ってなかったって
おっしゃってました。

まだまだ、豊根も見捨てたもんじゃありません!

自分にできること、がんばってやっていきたいと思います!

先生も、自分も、大満足で名古屋の帰途へ。

長久手で、死ぬほど大量の焼き肉を先生におごっていただき★

腹一杯で日記書いてます(笑)
今日は、ホント、良い一日でした!

(全然、修羅場じゃなかったw)

頭の中が新鮮なうちに…豊根雑感

今回の豊根紀行。
個人的にも沢山の収穫がありました。
なんか、記録しておきたいので、記憶の新鮮なうちに★

まず、やはり、先生のおっしゃるように、急峻な渓谷の谷間に集落がぽつぽつと集まっている豊根村。
人々の暮らしに、それほどの不満はない。
けれど、誰もが心の中には抱いている将来への不安。

それは、数字上では、人口ピラミッドのあり得ない程の
逆三角形。
村内でほとんど見ることのない子供の風景。
見るのはお年寄りばかり。

そして、無造作に放置されてゆく森林。
愛知県は、見て見ぬふり。
出身議員を少なくすることで、県へ意見が上らないようにする。

事なかれ主義。

これといった産業は無く、法人税を当てにできないため、
ダムや、開閉所の固定資産税で「表面的には」潤っているように見える
村の財政。

完全に、囲い込まれている。

都会は都会、田舎は田舎。

都会から田舎を意識するときは、野山だけ。

本当にそれだけ?

俺たちが維持していくべき国土は都会だけ?

都会は、都会だけで独立できるのか。

否。

今は海外に頼っているため、
田舎の重要さは全くと言っていいほど意識されない。

水源にしても、資源にしても、
本当に大事なのはどこ?

みな、合成の誤謬で、身近な環境にしか目がいかない。

俺たちが本当にすべきことは、
本当に、環境のためになってるのか分からないリサイクルとかの
補助金事業を、もっと、長いスパンを見て必要なところに分配すること
ではないのか?

このまま山が荒れて、結局被害被るのは、
その下流域に住む人々。

本当に分かっている人は本当に少ない。

山が荒れることで、水への栄養素の補給は滞る。
それは何故?
山が荒れ果て、人間の手でしか保全することのできない杉の山々。
それ、すなわち、保水力の低下。

雨が降ったらそのまま流れ落ちていってしまう。

下流域の土壌も、そりゃ痩せる。

海外から、食料輸入できなくなったらどうすんの?

もっと、県単位で、そういった「無視された地域」へ目を向けるべきじゃなかろうか。
こんな、弱者切り捨て合併を推進するよりも。

そういった地域を維持する人がどんどん減っていく。

もう、都市部の人も他人事じゃない気がするんだが…。
(って、俺が、言うな…っと。)

豊根の人間も、人間で、厳しい言い方になると、
「自動的に」入ってくる大型公共事業の固定資産税。
そのぬるま湯につかっているうちは、抜け出せない。

そう、危機感を持つことができない。

極論、いったん、村が倒産した方が、皆、目を覚ますのではないか?

そんな激論も交わされた。

石油の豊富な、今の時代に今を見るんじゃなくて、
将来のための蓄積をどう取っておくか。
そりゃ、将来を予測するなんて、相当難しい。

けれど、何もやらなきゃ、何もならないじゃん。

そんな、中で頑張っている人を応援したい。

でも、直接的にできる境遇にいない自分。
苛立つ…。

自分に何ができるか?
本当に考えた。

そこで、先生がヒントをくれた。

俺には、俺にしかできない、村への貢献。

それを目指して、人生全うしていきたい。

そう思った今日でした。

国際会議@帰国8日目~え?カラオケですか?~

飛行機も無事に中部国際空港へ到着。

入国審査、荷物受け取り、税関、すべて半分寝ぼけて通過(笑)

税関では、ヴィトンのバックについて、
これひとつだけですか~?

はい。

で、終了。

いいのか?
こんなんで。

時刻はPM2時くらい。

で、外ではパスポートな後輩の親父さんがお出迎え。

実は、この親父様に会うのは二回目だったり…。

かつて、大学の入学式の時に、会ってたり(笑)

むっちゃくちゃ重たくなって、重量制限ギリギリ30kgのスーツケースを
引きずって自宅まで帰るのが憂鬱だ…。

電車乗り継いで本山に向かったものの、
さすがに地下鉄の階段を登るパワーが残っていなかったので…。

妹召還。

ま、ヴィトン買ったし!

それくらいは許されるでしょう!

ヴィトンを喜んで持って行きましたが!(笑)

今日は疲れたから、もう寝るぞーーー!
って、勢いだったんですが、久しぶりの先輩から電話が!

おおお!

今日は、総案のみんなで遊んでるんですか!

え?

合流??

…。

行きます!

半数が社会人だし…
これから、みんなに会える確証もないもんね!

ちゅーことで、シャワー浴びてから合流地点へ向かう。
時既にPM5時半。

で、カラオケに行くことに!

ええええええ!?
飯に行くと思ってた(笑)

で、先にカラオケ行ってる人に合流すると…

なんと!

一年ぶり!?
めっちゃ久しぶりの同期に会った!

いや~
うれしいねぇ。

空腹を、先輩のおみやげ、ラムネ味の八つ橋で補給(笑)
でも、カラオケでカロリー表示されるんですけど、
1曲ごとに確実に10キロカロリーずつは消費されてゆきます(笑)

歌った後は、中華料理はまゆうへ★

スペイン料理、フランス、(機内食は和食)そして中華(笑)

うん。
世界の料理のオンパレード。

いや。
フランス料理は食ってないな。

次回持ち越しだ…。

腹も満たし、とっても良い気分で布団に入りました★

帰国直後もハードでしたが!

スペイン。
フランス。

長い夢の中にいたようです。
いろんな出会いがあり、見たこともない風景に触れ合って。

中部電力有り難う!

(あ、中部電力に助成金貰ったんでいちおー(笑))

国際会議@スペイン8日目~パリ観光?郵便局探し??~

宿泊したホテル、三つ星のホテルだったんですけど…。

朝食、超ショボ。
ってか、スペインの朝食が豪華すぎたのか!?

これでも、今回の旅行の中で一番高いホテルなんだけど…。
部屋も、ショボかった。

すなわち…パリ中心部、物価高すぎ!!

ってことでしょうか。
土地代も。

まあ、とりあえず、今日はパスポートを郵送せねばならないので
落ち着いて観光なんてしてられません(笑)

しかも、大学っていう役所はめんどくさいので…。

パリを経由しないと名古屋に帰れないんだけど、
航空機待ちのため、一泊する必要があるんです。

でも、その一泊の理由付けに、パリで何か学問的なことをする必要があるらしく…。

事前提出の旅程表にはパリ第6大学訪問ってことになってたんで、
証拠の写真などを撮影しに行かねばなんですわ。

が!!

まあ、俺らM2は、全員中部電力の助成金申請が通っているので、
学校のお金を使うのは旅程の前半のみ。
すなわち、行かなくても良し!

というわけで、ここでさらに班分け。

僕と、スルーマンが凱旋門付近に残り、
残りの4人がパリ第6大学へ向かいました。

現在の班編制
・マドリード組3人
・パリ第6大学組4人
・パスポート郵送組2人

というわけで、パリで再会する豊根村の同級生が
11時頃ホテルまで来てくれるってことなので、
それまで、ホテル周辺を散策して過ごす。

凱旋門周辺の歩道から、地下道を通って凱旋門の真下へ!

めっさ!

東洋人多いんですけど…。

スペインでは東洋人が珍しすぎたせいか、
既に、日本に帰ってきているかのような気分です(笑)

凱旋門…よりも、周りをぐるぐる回ってる車の方が気になった(笑)

だって!

車線が無いんですよ!

完全、フリー状態で、くるくる回ってます。

これで。よく、事故が起きないなぁ…。

んで、まだ時間があったので、
周辺の郵便局を探してみることに。
ホテルのフロントで、土曜営業の郵便局を聞いていたので★

道行く人に、詳しい場所を聞いて発見!

中に人がいるし…やってるよねー!

ってことで、
ホテルに戻り、同級生と再会!!!

なんだかんだで、6年ぶりか!?

いや、花祭りで会ったことあったかなぁ…。

高校も同じ東高だったので、懐かしいわぁ。

今回の旅、東校生に良く会います(笑)

で、土曜の郵便局は12時までで閉まってしまう!
ってことが発覚したので、ダッシュで、さっき見つけた郵便局へ!!!

…。

しまっとる。

しまっとるぅぅぉうーーー!

急遽、郵便局周辺でうろうろしてたおばあちゃんに…

同級生が、超!流暢なフランス語で道を尋ねる!

おいらも、スルーマンも、ポカーン。

すげぇーーーー!
すごすぎ。

めっちゃ会話成り立ってるし★

それからも、道行く人にフランス語で話しかけている姿は…。

まさに、僕らのヒーロー!
いや、ヒロインですか?(笑)

そうして、やっと見つけた郵便局…が!

しまっとる………。

仕方ない!
ここはあきらめて、同級生にパスポートを託して郵送して貰うことに。

で、せっかくのパリだし、ちょっと観光しよう。
ってことになって、あの、有名な、シャンゼリゼ通りへ!

さすが、世界的に有名な通り…

人がめっさおおいんですけど!

しかも、人種様々。

これもこれで面白い。

んで、我が最大の目的地!?

ルイヴィトン本店!

うん。
日本の出国前に、妹にバッグ買って来てって頼まれてたんですわ(笑)

第4希望までリストを用意してもらって。

ここも、同級生のフランス語が役に立つか!?

って、思ったら、日本人スタッフが居るんですか!
さすが。
確かに、中に入ってみると、日本人ばっか(汗

お客が。

しかもしかも、入り口の屈強そうな黒人ボディーガードさんに
英語で日本人スタッフは居ますか?
って、聞いてみると、

すんげーーーーーたどたどしい日本語で。

「タクサンイマスヨ。 ショウショウオマチクダサイ。」

えええええええええええええええええええ。

ここはどこだよ。

ギャップに爆笑。

で、日本人スタッフの方に決済して貰う。

すると、フツーに税関の書類?らしきものを渡されたのだが…。

これ、どうすんの?

わけわかんなかったので、店員さんに、この書類どうしたらいいんですか?
って、聞いてみると…。

この店には、添乗員付きのツアー客しか来ないのか!?

んで、一通り、税関の手続きを教えて貰う。

ヴィトン買って満足した…っつーか、若干疲れたわ(汗

で、再びシャンゼリゼ通りを歩き出すと…

開いてる郵便局発見!!!!

さすが、世界のシャンゼリゼ!

めっさ列できてるけど、こりゃ、並ぶしかない!

どんどん、観光の時間が減っていきます(汗

で、やっとのことで順番になり…
さらに!
同級生のすごさを垣間見る。

郵便局の人と、フランス語でやりとり!
しかも、ほとんど手続きやってくれてます…。
ホント、申し訳ない。

で、領収書どうする?とかって、質問振られたんですけど
同級生、もう、完全フランスモード入ってて、
それがまた、フランス語で聞かれた!(笑)

あ!ごめんごめん。

って!(笑)

私はフランス語わ~かりませ~ん(笑)

いやぁ~

神に見えたよ。

31ユーロもしたけど、そんだけしっかりした郵便にしときました。

で、残された微妙な時間で、エッフェル塔やルーブルに行くことは不可能に近かったので
近くのスーパーマーケットでおみやげの買いだし。

やっぱ、おみやげはスーパーマーケットで買うに限ります。

何買っても、珍しいものばかり!

おすすめのおみやげをたくさん紹介して貰いました★
お塩も良いんですって。

そして、ホテルへ戻る。

いやぁ~

同級生いなかったら、これ、絶対に郵送できてなかったぞ。

マジ助かった。

ホテルで同級生とお別れし、
第6大学組と合流。

バスに乗ってシャルルドゴールへ。

チェックインを済ませ、みんなは出国審査へ。

おいらは、ひとり、ヴィトンの免税手続きを踏むために
デタックスカウンターへ。

並んでるなぁ~

って、おいらも後ろに並ぼうとすると…。

その列、全員日本人なんですけど…。

ありえねーーー。

国外に来た気がしねぇーーー!

窓口はフランス人ですが。
どうも、日本語通じそうですよ(笑)

手続きを済ませ、出国審査。

もしかしたら、一人で出国審査に並ぶのは生まれて初めてかもしれない。

ちょっとドキドキしながら行ったものの…。

おいおい、またパスポート見ただけかよ。

ぬるい…。

で、免税店でお買い物★
つっても、時間無い!

あんま、じっくり見られませんでした…。

今度は、ゆっくり来たいもんです。

シャルルドゴール空港の搭乗待合室?

そして、飛行機へ乗る。
@18:30
無事に飛び立ちそうです★

みんな、行きとは違って席はバラバラになっちゃいましたが、
後ろに座ってたスルーマンが、ラストスルーマンを演じてました。

何か、スルーマンの隣がごちゃごちゃしてて、
一人立ってるスルーマン。

脱帽。

帰りの飛行機も、ボーイング777!!!

っしゃー!
全席モニター付き!

もう、帰りってことで、昼食って無くてかなり空腹でしたが、
最初のドリンクオーダーはビール!
死ぬ気満々。

あー。

でも、のどの渇きが癒される…。

そして、映画を楽しむ!

行きの飛行機とラインナップは一緒だったんですけど、
たくさんあったので、どれにしようか迷う。

その中で、「RV」って映画が、ロビン・ウィリアムス出てて面白そうだったので
鑑賞!

仕事人間のお父様、家庭はうまくいってない…
そんな中、仕事の都合に合わせるため、家族旅行にキャンピングカー使ってみた
んですが、そこでの出会いが…!!!

もう、超、感動大作です。

いや、爆笑大作です。

この映画最高!
日本に帰ってDVD出てたら買っちゃうかも!

———————————————-
で、日本帰ってネットで調べてみたら…
なんと、2006年秋公開予定って書いてありました★
わーい★先取り先取り★
というわけで、公開されたら皆さん!是非見に行ってください!
———————————————-

あー。
飛行機サイコー★

やっと日本だーーー!

国際会議@スペイン7日目~姉さん…事件は続きます…。~

0時過ぎのバスを見送り、明日はフランスかぁ~
な~んて思いながら、布団に横になる。

…と。

午前3時くらいだったろうか。

突然、部屋の電話が鳴り出した!
自分が近くにいたので、電話に出てみると…。

後輩から。

どうやら、警察に、すられた貴重品類(現金を除く)が届けられているとのこと!

おおおおー!
助手の先生と、その後輩で警察まで取りに行ってくるそうで、
連絡を聴いて一安心。

そのときは、まあ、一安心してたんですよ。

で、朝になり、後輩にノックされて部屋のドアを開けてみると、
足下にフロントからの呼び出しの紙が。

どうやら、これが警察からホテルに電話入ったときの呼び出し紙だったようで。

ってか、後輩、良く気付いたな…

すげぇ。

昨夜送り出したホテル前のバスターミナルに行き、
自分たちもサンセバスチャンから初日に宿泊したビルバオへ戻る。

全員、だいぶ疲れが顔に出ていて、
バスの中でも寝てる人がいた模様…
よって、自分は起きてて一応スリとかないように見張ってる(つもり)でした。

すると!

なんと、窓の外に虹が!!!!!!

めっちゃ綺麗。

異国の田園風景の中に、そびえ立つ虹。

超、感動してました。
もちろん、写真撮りまくってました(笑)

ビルバオのバスターミナルに到着すると、
空港行きのバスに乗車。

バスで市内を遊覧?しながら、空港まで向かったんですけど、
結構距離あるね。

おかしいなぁ…。

地図では直ぐ近くのはずなのに…

バス間違えた!?

って、ちょっと心配になりながら日本で印刷してきたGoogle地図を広げてみると…

地図の空港名に「ビルバコ空港」って書いてあります。

え?
ビルバオ空港じゃないの??

どうやら、ビルバオ空港はちょっと離れたところだったようです。

これで、一日目、タクシー料金が高かった理由が判明。

俺ら、ずっと、ビルバコ空港がビルバオ空港だと思ってました(笑)
本物のビルバオ空港は、市内からちょっと距離があるんですね。

ビルバオも、観光するところたくさんあったんですけど、
あまりフリーな行動はできず…。

でも、バスが市内をまわってくれたおかげで、
案外楽しめました★

んで、ビルバオ空港に到着すると、マドリード組に連絡を入れる。

すると!

なんと、見つけたパスポートは俺らが向かうパリの大使館に寄って
廃止の手続きを早急に行わねばならないらしい!
そうしないと、パスポートが二つ存在することになってしまい、
すられた後輩がスペインから出国できないと!!!

まあ、でも、俺らが乗る飛行機の時間的に、
パリの大使館の営業時間には余裕で間に合いそうでした。

うちらのパリの宿の直ぐそばにあるし。

なーんて、ホットしながら飛行機待ちしていると…

!!!!!!!!!

俺らの乗る飛行機の出発時刻が遅れています!!!

ぬおおおおおおおお!

やばい!

皆、焦ります。

そして、どんどん、遅れていきます。

そして…。

大使館に間に合うであろうデッドポイントの時間通過…。

これで、パリには届けられません…。

それをマドリード組に連絡し、大使館と話し合って貰う。

すると…
なんと、郵送で良いと。

パリに着いたら、即、スペイン大使館へ郵送。

そして、やっと飛行機が飛ぶことに。
っしゃー!

って、喜び勇んで飛行機に飛び乗ると…。

なにやら、謎のアナウンスが…。

聞き取ってみると、どうやら、客室のエアコンの調子が悪いだかなんだかで
とにかく、機体の調子が悪いらしい。

で…。

どんどん、人が降りていくんですけど…。

これって…。

また飛べないの!?

で、出国ロビーで待ちぼうけ。

と!!!!!!!

なんか、飛行機の表示がキャンセルになってるんですけど!!!!!!

お客さん、全員キレてます。

中には、東京から来られた日本人の方も。
その方は、もう、パリで乗り継ぎ便に間に合わなくなってしまい、
予定通り成田に帰ることができなくなってしまったようです。

相当待たされたあげく。

払い戻しするのでエールフランスのカウンターに行けと。

セキュリティーチェックを逆行して、エールフランスカウンターへ向かう。

マドリード組のケータイに連絡して詳細を詰めたいところだったけど、
いかんせん、電話代がもう、無理!
ケータイ高すぎます。

両替してきても、直ぐにコインが無くなってしまう。

売店のおばちゃんには、完全に顔を覚えられた。

んで、そこら中のお店で聴いてみたところ、
どうやらテレフォンカードのようなものがあるらしい!

早速、6ユーロで購入!

これ、結構持つぞ!

スペイン大使館が6時に閉まってしまうので、
急いで大使館へ電話。

すると、出たのはとっても人の良さそうなおばちゃん。
めっちゃめちゃ親身になって話を聞いてくれ、
向こうの状況とかもよく分かりました。

しかも、俺たちの飛行機のことをものすごく心配してくれて
オレなんて、パスポートについて聞こうと思って電話したのに、
まず最初に、俺らのエールフランスとの交渉の仕方とか教えてくれました(T_T)

パスポートは、余り良くないけど、最優先にしなくて良いから、
俺らの飛行機の方を優先してくれって(T_T)

ええ人だ…。

とにかく、今日中に乗れたらパリから明日郵送、
今日乗れなくてビルバオ泊だったら今夜か、明日朝郵送ってことに。

電話が終わると、直ぐに後輩に呼ばれる。

エールフランスとの戦いの時が迫っている!と。

ということで、フォワード担当のおいらと後輩とで交渉に!

エールフランスの担当者、日本の航空券見てめちゃめちゃ慌ててる…

「日本に行く便に間に合いません!
でも、これは、航空会社が違うので、私たちではどうしようもできません!」

って、すんげえ深刻そうな顔して言ってくる…

俺らは、フォワード。

攻撃型です。

そんなことになろうもんなら、機体故障はてめえらの責任だ!
全部弁償して貰うぞ!!!

ってな、大使館に教えて貰ったノリで、喋る気満々でした。

が!!!!

なーんか、相手の言ってることがかみ合わないなぁ…。

と、思って、日本の航空券を指さして、

This chiket is tomorrow…..

って、テキトーに言ってみると…。

相手の表情が一気に変化!!!

「あー!私、今日の便と勘違いしてたわぁ!!」

って、めっちゃめちゃ笑顔(笑)

今夜の最終便で十分間に合います★

飛行機も決まったので、急いでパリで会う予定してた友人に電話。
マジ、いろいろ忙しくて連絡が遅くなってしまった。

今日、18時にパリで待ち合わせしてたのに…。

ドタキャンしてしまいました…。

かなり申し訳ない。
しかも、情報がほとんど伝えられなくて、さらに申し訳ない…。

というわけで、20:30ビルバオ発、パリ行きの飛行機に無事乗機。

ただ…。

乗機するとき、ガコーン!ガコーン!
って、謎の音が…。

しかも、けたたましいアラームが鳴り出した!

おいおい!
大丈夫か!?!

ひたすら恐怖の飛行機でした。

でも、無事に飛び立ちそうです。

飛び立った後、窓の外を見てみると…
夕暮れの下にビルバオの夜景が!!!

めちゃめちゃ綺麗。

すんげぇ癒される。

さらに、上空では地平線に広がる夕日が!!!

なーんて、浸ってると…

エンジンの音がおかしくなったんですけど!!!

気のせい??
恐怖に駆られすぎ???

パリ上空にさしかかると、パリの夜景が!!!

あり得ない、あり得なさすぎるくらい綺麗な夜景。

でも、明らかに音は変わってます…

整然と整った町並みから繰り出される夜景は、
息をのむような綺麗さでした。

無事にシャルルドゴールに到着したのは10時半くらい。

そこからバスに乗車し、パリ市内。
そして凱旋門近くのホテルへ。

夜の闇に浮かぶ凱旋門も綺麗でしたが、
それどころじゃなく疲れてました…。

部屋に戻り、一端、飲み物を買いに外出して凱旋門の写真をちょっと撮り、
直ぐに部屋に帰って就寝。

うーーーーーーーーー

マジで疲れた。

国際会議@スペイン6日目~姉さん、事件です~

~姉さん、事件です~

昨夜は、レストランから徒歩で二人、30分ほどかけてホテルに帰り、
(時既に午前1時を回っています。ちなみに、1次会に参加しただけですよ)
布団で横になっていると…

別室の後輩たちが二人入ってきた(笑)

どうやら、ハンガリーから来られた美女をホテルまで送ってきたと!

なんか、全員テンション高くて、何故かEnglishオンリーで午前3時過ぎまで
会話しまくってました(笑)

ひたすら、スルーマンがいじられてた気もしますが…。

あ、ちなみに、スルーマンは僕と同室です(笑)

そんなわけで、超眠い!

学会側も、それを察知しているからか、
何故か今日はセッションが始まる時刻が遅い。

よって、ちょっとゆっくりしてからバスに乗って会場へ向かう。

これまた、バスが超混雑!

満員の公共交通機関は危ないという話を聞いていたので、
ちょっと警戒して常にバッグを自分の前に。

会場に着くと、昨日発表を終えた自分のポスターをはがしに。

思えば、楽しいディスカッションだったなあ~なんて、
感慨に浸っているところで、叫び声が!!!

急いで向かってみると、

どうやら後輩がパスポートから何から、
貴重品一式をすられてしまった模様…!!!!

ホテルに戻って探してみようか。というプランになりかけたけど、
まずは大使館などの関係各所へ連絡しようということに。

大使館に連絡し、JALに連絡し、クレジットカードのこともあるので実家へ連絡し。

でも、もしホテルにあったら不味いので、ダブルトラックで。

ホテル班、警察班、会場待機班に分散。

こういうときに、大人数だと助かりますね。

さらに、学会の方も私たちに何かできることはありますか!?
って、めっちゃ協力を申し出てくれる。

スペイン人の優しさが身にしみました。

なので、警察など、スペイン語が必要なところで通訳してもらうことにしました。

名工大の人にも、ケータイ電話とか協力してもらいました。

本当に、助かる。

でも、通信手段が乏しくて、ケータイ電話のありがたさがとっても身にしみました…。
あーーー!
日本からレンタルして持って行けば良かった!

片や、学会は今日、フィナーレパーティーです。
それが行われているフロアに電話があったので、
パーティー周辺を走り回ってる変な東洋人な感じでした(汗

でも、事情を知る方々から、日本人は本当に友達思いですね。

と、言われました。
確かに…名大生だけじゃなく、みんな、一丸となってアイディアを出し合ってましたからね…。

関係各所への連絡を終わらせ、我々9人は2班に分かれて
大使館のあるマドリードへ行くマドリード組と
旅程通りフランスへ向かうフランス組へ分散。

ただし、問題はケータイ電話が1台しかないこと…。

マドリード組はマジで帰国がかかっているので、
そちらにケータイ電話が行きました。

あと、マドリードまで最速で行くために、夜行バスを選択。
夜行バスって、ちょっと危なそうで二次災害の危険性もあるんだけど、
この際、背に腹は代えられない…。
マドリード組の三人は、徹夜覚悟です。

それらチケットを取得するため、学会のボスプロフェッサーが
旅行代理店へ同行してくださることになりました。

なので、学会終了まで待ちます。

とりあえず、一旦ホテルへ帰るため、会場の皆さんにさようならを告げる。

すると…!

みんなでお見送りくださるのです!
ちょい、マジで泣きそうなくらいウルウルしてた。

もう、めっちゃめちゃ楽しい学会だった。

俺らもなかなか帰ろうとすることができず、
皆で記念写真を撮ることに!

そして、一人一人握手をして、さようならしました。

また、是非会いたいなぁ…。
学会って一期一会だからこその楽しさと、名残惜しさがありますね。

でも、今回の学会は特別でした。

絶対、自分の人生の中でもかなり大きな位置を占めるでしょう。

modestは2年ごとにリゾート地で開催されるそうですが、
自費で行ったろかな(笑)

街中で飯を食い、ホテルへ直行。

あー。

全然買い物とかできなかったわ…。

学会最終日を狙ってたんだが…。

まあ、仕方ない。

途中、学会で友達になった人と遭遇して、
Have a nice trip!!!
って、言い合って分かれました。

そして、ホテルで作戦会議。
今後の予定について。

んで、皆荷物を詰めて、
今日は外に出るのはよそう…ってことで、
ホテルの1階で夕食。

ホテルの夕食のくせに、それほど高くなくてびっくり。
それでいて、不味くはないし。

街中のレストランの価格帯と変わらない…。

というわけで、
スペインでの最後の晩餐をすませて、
マドリード組たちは仮眠へ。

僕とスルーマンは心配性なので、
寝過ごさないように起きてたのでした(笑)

まあ、おいらは日記書いたり、研究室から持ってきた仕事してたり。

で、午前0時。

ホテル前のバス停へ。
半袖で出たんだけど、超寒い。

選択ミスった…(笑)

で、定刻通り出発かと思いきや…

なんか、めっちゃ揉めてるんですけど…運転手と客が…。

どうやら、席が余って無くて、お客が乗れなかった模様。

マジ怖いんですけど…。

なんか、出発当初から暗雲が立ちこめています…。

何とか出発したものの、
何かと不安な一夜になりそうです。

国際会議@スペイン5日目~運命の発表当日~

ついにやってきました。
発表当日。

もう、ね、勢いだけ。
ほとんど練習してない。

通して喋ったのなんて、中部大学でやったときだけだ(笑)

でも、そのかわり英語のコミュニケーション力は、
ここ数日で相当レベルアップしている模様。
なんかね。

日本人、勇気を出せば、どんな変な英語でも、結構通じるものよ。

怖じ気づいて喋らずに難なく過ごすよりも、
失敗しても良いから積極的にコミュニケーションを取っていこうとする
その方が、絶対に楽しい!

そうして、悶々とした半日を過ごしてました。

名工大の方々には自分の発表(もちろん英語)を聴いてもらい、
ちょっとだめ出しをしてもらう。

おかげさまで、自分にできてない部分など、
おさらいして本番につなげることができました☆

本番は、午後五時から…。

ランチもなんだか…ドキドキしてましたよ。
でも、なんていうか、早くやってみたい気持ちと、
でも、やっぱ、怖いなぁ~っていう気持ちが織り混ざって複雑な…

ランチ時には、スペインの方とご一緒して、
日本の話、スペインのお祭りの話をしてました。
特に、バレンシアといえばオレンジかなぁ~って思って、
とりあえずスペインで自分の思いつく知識を言ってみたら
会話が続いた(笑)

やっぱ、自国の文化を海外の人が知ってるとうれしいものなんかな。

確かに、日本の祭りとか、海外に行って聴かれたりしたら、
それほどその祭りのことを知らなくてもうれしくなって
教えていそうな自分がいる(笑)

まあ、花祭りを全世界に広めたいけどね。

さて!
発表!

場所的に暗くてあんま良くないところだったけど…。

それでも、まず、ランチの時に仲良しになったスペインの大学教授が
見に来てくれました☆

まずは、ランチの時に話をしていた名古屋の話から入り…

ちょうど、自分のプレゼンシートに日本と愛知県の地図があったので
豊田市とか、その辺の説明とかしてた(笑)

そしたら、
「なんで、Toyoって名前がたくさんあるの?その意味は?」
なーんて質問が(笑)

ああ、載せてたのが、名古屋市、豊田市、豊橋市、豊根村だ。

確かに豊が多い。

意味を説明したり、この研究でわかったこととか、いろいろ解説。

Very interesting work!!!!

って、言ってもらっちゃった☆

もう、既に相当るんるん気分。

すると、さらにもう一名。
オランダ人の方が。

是非、このシートのデータを送ってほしい。
ってことで、名刺をくださりました☆

さらにディスカッションしていると、もう、楽しくて楽しくてたまらない。

お互いの国の自然エネルギーとか、その辺の情報交換をしていました☆

そして、今夜はカンファレンスディナー。
一応正装して海の見える小高い丘に向かいます。

その丘の上には小さなお城みたいなレストランが…

まずは、お城の前で食前酒が配られ、ピンチョスを取りながら
談笑タイム☆

これまた、景色がめちゃめちゃキレイで、まるで夢の中で酒を飲んでいるようだ。

しかし、食前酒というものはなかなか危険な代物で…
空腹状態で飲むもんだから、直ぐにレッドフェイスに変身する(笑)

積極的に外国の方々とコミュニケーションを取るぞ!

と、後輩と一緒に席を探すも、ちょっとタイミングが悪く…。
空いてるテーブルに座って外国人を待ってても来ない…。

う~ん。

結局、日本人だらけの席になってしまった…。

料理が出てきて、楽しんでいたんですが、やってくれましたよ。
我が研究室の天然君が(笑)

すごいキレイなウェイトレスさんがいて、一緒に写真を撮ってもらえませんか?
と、他の後輩たちはうまくいってたんですが、何故か、彼だけが…

仕事が忙しいから…

みたいなジェスチャーされて逃げられる。

それ以来、その店員さんが我がテーブルに来ることはなくなってしまったという…

そのとき、彼のニックネームが
「スルーマン」
に決定された(笑)
次の料理が運ばれてきて、肉なんですけど、肉の上に何かが乗っている…

ひっくり返せっていうジェスチャーされたので、
肉をひっくり返しているが、果たしてこれで正しいのだろうか…

そこで、心優しきスルーマンが別の店員さんにジェスチャーで
これをひっくり返して食べるんですか?

って、聞いてみると…

突然、彼の皿が奪われた!

一同、沈黙…そして、すぐさま爆笑(笑)

まだ、全然手をつけてなかったのに…(笑)

しばらくして、新たな肉が運ばれてくる…

しかも!何故か店員さんぶちぎれながら。

どうやら、スルーマンのジェスチャーは、
皿を取り替えろ!を、意味していた模様…(汗

何度も何度も笑えるSHOWを展開してくれるので、
そんなことが起こるたびに「スルーマン・ショウ」と呼ばれることに(笑)
(かつてあった映画、「トゥルーマン・ショウ」に引っかけて)

そうこうしているうちに、
隣のテーブルがめっちゃ盛り上がってきてる!

そして、我がテーブルと合流!

スペイン人が多くて、すごい陽気で楽しい雰囲気☆

どうも、日本人との相性がとっても良い国民性のようです☆

総勢20人くらいで、何回「カンパーイ!」って叫んだことやら(笑)

ノリで、集合写真を撮ったり☆


プライバシー保護のため、加工済み★

あと、僕の名刺ケースが和紙でできたヤツだったので、
Japanese traditional paper “Washi”!!
って、和紙の宣伝してたら、かなり好感触でした。

「変わった感触だね!」とか、「丈夫そうだ!」とか。

とっても、物珍しそうに観ていらっしゃいました。

そして、是非メールしよう!って、メアド交換しました☆

ほんっと!
楽しい晩餐でした。

うん。

こりゃ、学会の参加費が高いのがうなずけるわ。

つーか、参加費が安い気さえしてきた。
毎日コースのランチと、ツアー、そしてディナー。

発表することだけじゃなくて、こういったスペインの文化を学んで、
さらに、他国の方といろんなコミュニケーションを取る。

国際会議、サイコーですね。

バラバラ解散な感じだったので、
その日の発表でちょっと疲れていたおいらは、同じ東高出身の名工の後輩と二人で
ホテルに帰ることにしました。

どうも、日本人二人ほどスペインの学生さんたちとBARへ二次会へ行ったようですが…。

帰り道も、出口で会ったスペイン人の方に、ホテルまでの道を丁寧に
教えてもらえました☆

しかも、帰り道の途中で隣のテーブルだった方に出会い、
なんと!
ホテルまでの道の途中まで送ってくださいました!

ずっと英語でコミュニケーションを取りながら☆
もう、ね、英語喋るのが楽しくてたまらん。
サンセバスチャンの小説家で、世界的にも有名な方とか教えてもらったり。

日本語でも出ていると思うって言ってたので、探してみよう。

今日は、発表もうまくいったし、夜のパーティーでのコミュニケーションも楽しかったし、
もう、サイコーの一日でした!!!!

国際会議@スペイン4日目~武田研ランニング部~

今日もきっかり朝7時にご飯を食べ、ちょっとラフな服装に着替えて外へ!

武田研ランニング部@サンセバスチャン☆

しかし、問題は、ランニング用の靴を持っていなかったこと…。
買おうか迷った挙げ句、普段使ってる靴で走ることに!
(まったく、走る用じゃない靴ですが…)

ちょっと小高い丘を離れたところにある、ホテルコスタバスカに
他の名工大の人も泊まっているので、そこで合流して海岸ランニングしよう!

っていうプランです。

スタートから、超元気な名大・名工大M1がスタートダッシュを決め、
それについて行こうとしたもんだから…。

瀕死。

坂の中腹で、マジで心臓破れるかと思いました。

坂を上ってて、初めてだよ…。

足よりも先に心臓に来るのは…。

相当体力が衰えた証拠だなぁ…。
こりゃ、今シーズンの花祭りに備えてそろそろランニングせにゃかんわ。

合流後は、まあ、徒歩にて海岸へ。

だいぶ日も高くなり始め、海岸を照らしてる…

その景色がとても綺麗でした☆

ついでに、魚釣りしてるおじさんがいました。
なんか、カッコイイ…。

皆で潮風に当たりながら…

靴を脱ぎ始め、砂浜へ!

めっちゃめちゃ気持ちいい!

海もキレイで、砂浜もキレイ。
はしゃぎまくりました。

中には、はしゃぎまくりまくって、服を着たまま海へダイブする王子様も…w


(王子のプライバシー保護のため、ぼかしてあります。)
(ていうか、ピンぼけです(笑))

せめて、使い捨てカメラくらいポケットから取り出してダイブしましょうw

他にも、ビーチフラッグ選手権など、大いにリゾートを楽しみました(笑)

そして、ホテルへ。
途中から、また走り出したんですけど、
このとき、自分、靴下はいてなかったんですね~

そしたら…。

途中で靴擦れ…。

しまったぁーーー!

今日は、誰の発表もないので、外国からの参加者の方に合わせて、
私服にて学会参加しました。
うん。

郷に入っては郷に従えさw

特に観るセッションがないときは、外に出てフラフラと海岸周辺を散歩してたんですけど、
自動車のディーラー街のようなものを発見。

スズキ、日産など、日本車ディーラも!

そーいえば、街中でカローラランクスをしょっちゅう見かけます。
(日本ほど、しょっちゅう見かける訳じゃないですが、
スペインでは日本車中の割合はランクスがトップと思われ)

あと、中国人経営?の雑貨屋さんを発見。
中には、日本語で書かれたものがあったり、日本刀?があったりと、
やっぱ、異国で自国の文化を発見すると落ち着く…のは、なんでだろ(笑)

そして会場に戻ると、数台の大型バスが停まってます!

なんと、これらに乗ってちょっと遠出するらしいんです☆
プログラムで、夕方から夜まで何らかの行事があることは
把握していたんですけど…日本人のほとんどはそれが何を意味するのか知りませんでした。

んで、海辺のサンセバスチャンから山の方へ拉致られ…。

30分くらいバスに揺られたかな?

到着したその先は…

博物館!

http://www.eduardo-chillida.com/

その名は…Museo Chillida-Leku

広大なスペースに、ポツンポツンと、作品が飾られています。

鉄を使って様々な形を作り、空間を演出する芸術だそうですが…。

僕らは僕らなりの解釈で楽しんでいました☆
チリダさんの作品に、自分をプラスさせてさらなる空間を演出(笑)

そうそう、博物館の名前がチリダ・レイクだったもんだから…。

日本人のほとんどは、レイク=湖 だと思ってたんですよ(笑)
だから、山奥に行って湖でも観るのかなぁ~?って(笑)

でも、よく見たらスペリングが違ってましたが!

作品のほとんどは、外に飾ってあるんです。
で、鉄で作られてるんです。

すなわち…。

錆びますよね。

この、錆の変化。
自然を利用した芸術。

なんか、日本ぽくて良い感じです。

なーんて思ったのも、なんと、チリダさんの紹介パンフレットに、
葛飾北斎の有名な富士三十六景の絵が貼ってあったんですよ!

日本の芸術にも影響を受けている模様。

再びバスに乗車し、次の訪問先は…

リンゴ酒BAR!!!!

山の上の高台にあるお店で、周辺はリンゴ畑に囲まれています。
ちょっと小振りなリンゴでしたが。
風景としては…豊根みたいな感じを想像してみてください(笑)

大きな樽から、リンゴ酒を直で注いでもらい、いただきました☆
これがまた、酸っぱい!
ちょっと、日本人の味覚には合わないかなぁ~

他にもワインがあり、ピンチョスありで、どうやらこれが夕食のようです。
ああ。
言葉の壁(笑)

立食形式で、名工の先生とか、東工大の先生とかと喋ってました。

ってか、なかなか他の国の人と喋れないんですが!
ダメダメだー

アジア系は、日本人くらいしかいません。

すると!
突然!合唱団がやってきて、合唱が始まりました!

まさか、LIVEまで用意してあるとは!
侮りがたい学会だ!

そこで軽い夕食を楽しんだ後、
バスでホテルまで送ってもらいました☆
学会の人が泊まっているであろうホテルを5つくらいまわって帰宅する模様。

僕らも、アマラプラザでおろしてもらいました。

いやぁ~

毎日が濃密すぎます。
日記書く暇ありませんよ。

酒飲みすぎですよ。
今日も、昼夜飲んでますよw

しっかし、国際会議ってすごいですね。
至れり尽くせり。

昼ご飯の用意、夕ご飯の用意だけでもすごいなぁ~って思ったのに
ちょっとしたツアーまで付いてるなんて。

だから、リゾート地で開催するんだな(笑)

だんだん、発表に来てるのかリゾートに来てるのかわからんくなってきたぞ(笑)

でも、お酒のおかげで通常状態よりは外国の方々に話しかけられてるからいっか。
英語を喋ること自体も、苦痛じゃなくなってきたし。
むしろ、スペイン語ばっかだから、英語を聞くとホッとするというか…。

いろんな意味で、発表だけでなく、国際会議は勉強になります。

ただ…。

明日が発表なわけですが…

嗚呼。
ちょっと緊張してきた。

国際会議@スペイン3日目~実質、学会初日~

早朝からテレビでクレヨンしんちゃんを観るw

スペインの朝は、8時くらいまで暗いんです。
たぶん、サマータイムを採用しているからだと思うけど…

採用しても、夜は9時近くまで空が明るいから
採用しなかったら10時まで明るいまま…。
そりゃ、寝られませんわw

でも、遅寝遅起きの学生にとっては、とっても良い環境!?w

朝食取ってからフロントで新聞をもらってみる。
もちろん、新聞はスペイン語しかありませんでした…
英語版はないか!?って、聞いてみたんですけど、無かった…。

サイズ的には、タブロイドでした。

んで、新聞をめくっていると…

1ページぶち抜きで紀子様のニュース!in スペイン語

天皇皇后両陛下の写真がでかでかと載っていたので、
文章は全く理解できなくても内容は何となくわかりました☆

そして、スポーツ欄で最も盛り上がっていたのが
F1シューマッハの引退!
テレビのニュースでも会見の様子とか写ってました。

シューマッハはドイツ語。

翻訳字幕はスペイン語。

うん。全くわからん。w

あと、911関連のニュースもテレビでは。

実質、発表は今日からです。

同室の友人と、会場への道を歩きながら英語でディスカッションを
シミュレーションしていました。

朝のサンセバスチャンの川沿いの道を、
二人で英語で会話しながら歩く…。

うん。

なんか、カッコイイネw

いくつか、マイクロソフトのエンジニアの話をはじめとしたオーラルセッションを聴き、
11時くらいからコーヒーブレイクタイム。

クロワッサンなどのパンと、コーヒー、オレンジジュース、水などが
テーブルに並べられ、それを立って食しながら周りの人たちと会話を楽しむ。

そんな感じでした。

俺らも、まだまだドキドキ日本人ズだったので、
あまりフォーリナーに話しかけられず…。

酒がないとダメだわw

んで、ランチが1時半から3時まで。

長いです。
そして、なんか、時間帯が日本と比べてずれてます。

スペインでは、一日の食事で最も重要視されるのが昼食だそうで。

最初に、ワインとパンが並べられ
まずは前菜(一皿目)に始まり、メインの料理(二皿目)。
これは、昨日の昼食と同じで、スペインの形式的な料理はたいていこの方式の模様。
んで、最後にデザートとコーヒー(エスプレッソ級の濃いもの)が出てきます。

丸いテーブルを囲んで10人くらいが座ってたんですけど、
日本人はちょっとだけ分散して、我々のテーブルにも会場スタッフとおぼしき
スペイン人の方がいらっしゃいました。

サンセバスチャンの名所を教えてもらったり、食事のマナーを教えてもらったり☆

ただ…。

おいらの両隣は日本人で、ちょっと離れていたのが…残念!

そうそう、ワインはスペイン語で「ビーノ(vino)」
白ワインは「ブランコ(blanco)」。

新たなコールが生まれそうな予感です。

「ビ~ノ ビ~ノォ~~♪(リンダリンダのノリで)」

んで、五時くらいからポスター発表、topic1,2の方々☆
おいらはtopic4なのであさってです。

よって、今日はカメラマンに専念。

↓後輩の発表風景↓

しかし!

自分の発表はなくても緊張するなぁ…。

皆、額に汗をかきながらも、必死で英語発表してました!
で、終了間際に自分も質問の練習をしてみようと思って、
名工の後輩のポスターの前に行って、英語で質問。

すみません。

いきなり外国人に質問する勇気ありません…。

でも、名工の後輩もめちゃ練習してたみたいで
すばらしい発表でした☆
つたない英語質問ですみません(汗

英語で質問するのが楽しくて、ついつい長話をしていたらいつの間にか終了時刻。

同期に肩をたたかれて気づきました(汗

で、撤収。

ホテルに帰ると、ホテル前の川でカヤックが!
しかも、超速い。
写真撮っても、カヤックだけ動いちゃいます(笑)

さて、今夜は、名工大の方々と一緒に夕食会です。

サンセバスチャンの古い町並みを眺めながら、
パエリアのおいしそうなお店を探す。

たいていのお店はメニューと値段が外に表示されているので、
懐具合と相談しながら店を絞る。
そのとき、教会?がライトアップされていてめちゃめちゃ綺麗でした。

夕暮れ時で、とても幻想的。
(つっても、9時近くでしたが!)


どうも、時間感覚が狂う。

時差ぼけは全くなかったですが。

Oursっていう、大皿のメニューで、
みんなで分け合って食べました。

ってか。
乾杯の挨拶。

ここは村長に!

って、なんやねん!w

どうも、この旅では、おいらは村長という設定のようですw

村長の挨拶と乾杯により、宴開始w

んで、遅ればせながらの自己紹介タイム。
ほんっと、楽しいわぁ…。
名工大サイコーです。

そして、昼ご飯で練習した?vinoコール!

ワインが、どんどん消費されますw

そうそう!
お店を出るとき、別に僕らが教えた訳じゃないんですけど、
お店の方が

「ありがとう!」

って☆
日本語で☆

なんか、見慣れぬ土地で日本語を聴くと心が和みますね☆

お店を出ると、明朝の早朝ランニング打ち合わせ(笑)

中には、他のホテルに泊まっている人もいたので
集合時間などを。

武田研ランニング部に巻き込みますw

そのまま、ホテルに帰って就寝。

ちなみに、我々が学会期間中宿泊するホテル↓

マジ眠い。

毎日、酒浸りです。

ヨーロッパすげえよ。

国際会議@スペイン2日目~クレイジーハポン~

朝、7時くらいに起床したと思う。

シャワーを浴びていざ朝食へ!
ビュッフェです。

いつも食べているものとは違う食べ物がたくさん並んでいるもんだから
みんな、食うぞー!
って、雰囲気で、いつもは小食の自分も朝から!ガツガツ食ってました(笑)

で、デザートのところに得体の知れない白い物体があったわけですが、
怖いもの見たさで食べてみる。

ん~~~。

チーズの絞りかす!?

外国人が日本の「おから」を食ったら、こう思うのかなぁ~?
って味がしました(笑)

朝食後は、ホテル周辺を散策☆

工業地帯のようで、しかも、東洋人なんて全く見かけない。

よって…。

かなーーーりの、好奇の視線を感じます!
おばちゃんが、家から出て、ずーーっと、こっちを凝視しています!
マジで怖いです。

今にも食われそうな形相です。

そして、猫発見。
スペイン猫。

そうそう、道路に止まっている車を見ていると、
シトロエンとプジョーが多いんですけど、
中には、マーチとか、カローラランクス、シビックなどが!

日本車もあるんですね。結構。

これらって、ディーゼルなのかな?
やっぱ、ガソリン?

非常にディーゼルが多いと言われているヨーロッパですから、
日本の車会社も絶対考えてますよね。
熱効率的にはディーゼル機関の方が高くて環境に良いとか言われてますし。

写真撮りまくって出発の準備へ。

そのときだった!

テレビを見ていたら、「忍者はっとりくん」スペイン語バージョンが流れ出す!

おおおおおおおおおおお!
日本のアニメすげぇ!

まさか、スペインに来てまでしてはっとりくんを見るとは!

タクシーに乗ってバスターミナルに向かい、
サンセバスチャン行きのバスに乗る。

バスに揺られること1時間強にして、8.5ユーロくらい。
まあ、日本とそれほど変わらないか。

でも、景色がサイコーに綺麗っつーか、
日本と全然違うから、見るものすべてが新鮮☆
特に、建築物が整然と整っていてなんか、日本とは違った意味で人工的。

どっちが良いのか?

そんな議論は意味がない気がするのでしませんが…

日本には日本の良さがあります。

でも、西欧と混ざった中途半端さは、個人的には嫌いですが。

サンセバスチャンのバスターミナルに到着すると、
その前が既にホテルアマラプラザ。

おっきいスーツケースを抱えてる自分たち的にはサイコーです☆

チェックイン後、街の様子を見に行こう!

ってことで、散歩。

サンセバスチャンは、スペイン的にはリゾート地らしいです。
日本人的には、特に何も見るもののない街らしいのですが…
(旅行会社がそう言っているらしいです。)

が!

全然、そんなことはない!

建物一つ一つが歴史を感じさせ、ワクワクが止まりません!

しかし!
相変わらず、東洋人は珍しいらしく、
注目の的(笑)

ここで一旦グループ行動へ。

うちらは、昼飯でも食おうってことでレストランを探す。
(このとき既に、海へ泳ぎに行った人もいます(笑))

レストランでは英語は通じない。

よって、みんな本を片手にがんばりましたよ。
(すみません、あまり力になれてません(汗))

メニュー見ても、あんまよくわかんないので、
自分はインスピレーションで適当に選んでみた。

出てきたものは…

第1皿がポテトサラダで、2皿目がパプリカスープに浸ったピーマンの肉漬けみたいなもの。

おいらはそれほどでもなかったんだけど、
みんなめちゃめちゃ量が多い!

武田研一の大食い男の後輩ですら音を上げる始末。
(まあ、これは超でかいフライドチキンで油にやられたという噂もありますが…)

んで、ホテルに戻ってスーツに着替えると、レジストレーションのために会場へ。

会場へはだいたい徒歩25分くらい。

ここはヨーロッパのリゾート。

明らかに目立ちます。

スーツの人なんて全くいません。
しかも、日本人。

クレイジージャパニーズ!

きっと、頭の中ではそう叫んでいたに違いないw

道行く人たちの視線を全部集めながら、25分間のショータイムは終了。

無事に会場に着き、これでスーツ集団に混じれるだろう…

そう、思っていた俺たちが甘かったw

…。

スーツいないんですけど。

ここ、学会ですよね?

世界の常識は違うのかーーーー!

というわけで、今日は前夜祭みたいなものに参加するんですが、
まだ時間があったのでホテルに戻って私服に着替えようと。

で、バスに乗ったんですよ。

そしたら、えらいテンションの高い集団が乗車してきたんですよ。
サッカーのどこかのクラブチームのユニフォームを着たサポーターが…。

スーツ集団とは対照的。

もちろん、話しかけられましたw

で、彼ら、ひたすら「リーチューショー!」って、叫んでるんですけど、
はい??
って感じなのです。

良く聴いてみると、韓国のことを言っている模様!

なるほど、韓国のサッカー選手の名前かw

他にも、「ナカータ!」とか、「ショージジョー!」、「オノ!OH!NO!」

超、テンション高すぎ。

そして、俺らもそれに影響されましたw

OH!NO!

そして、F1の話にも移り、

タクマ!クレイジー!ハポン!(日本人)」

って、叫んでましたよw

そしてさらにさらにボルテージは上昇。

ついに、バス内の全員で歌い出した!
飛び跳ねる飛び跳ねる!

バスが、揺れる揺れる!

俺らも、便乗w

スーツで便乗w

そうして、楽しいひとときを過ごし、ホテルの名前を言ったら降りる場所まで
親切に教えてもらい、
バスを降りてからも、ひたすら
「ナカータ!」「リーチューショー!」って、
手を振りながら外に向かって叫んでました。

もちろん。

俺らもw

ホテルで着替えてから前夜祭へ。

飲み物は…
もちろん、ワインw

立食で、いろんな国の人に喋りかけるぞーーー!

って、思ってましたが、それほど話しかけられず。

スペイン人、イタリア人、中国人と会話をしてました。
特に、イタリア人の人とはF1の話で盛り上がれてHAPPY。

そうそう、同じく日本から来たメンバーも発見。

名工大から。

名古屋、アツイねw

名工大から来た方々の教授は元々名大の教授で、
武田研とも交流のある方なんです。
伝統材料研究会でも、お世話になったことがあります。

その学生さんたちは、初めましてなんですけど
うち解けました☆

で、帰り道のこと。

衝撃の事実が!!!!!!!!

なんと、名工の学生さんのひとりが、
豊橋東出身!後輩です!

しかも、、、、、パソコン部!w

部活も後輩かyoh!w

まさか、スペインに来てまでしてそんな出会いがあるとはw

宿泊先が同じだったんで、一緒に帰りました。

帰り道で撮った写真。奥で光ってるのが学会会場です。

で、高校の話が盛り上がる盛り上がるw
お互い知ってる先生の話とか、彼の同級生の話とか。

なんと、豊根&東高出身の後輩を知ってるし!w

そのときのこと。

名工大の教授さんのパソコンがネットにつなげない…
ということで、武田研パソコン係の僕にお声が…w

スペインに来て、パソコンサポートセンターになるとはw

教授の部屋に行き、無線LANの設定とか、いろいろ見て見るも、
解決できず。

恐らく、WiFi規格に対応していないカードを使っているからか…?

んで、お隣の名工大の学生さんの部屋へちょっとお邪魔する。

そして、談笑の後、自分の部屋に戻ると…

ん??
人が多いぞ?w

ということで、二次会☆

まあ、この時間に外に出るのは危険な予感なので、
ホテルの1階でいっぱい引っかけてきました。

それにしても、ワインが超安い…。

むしろ、デザート高いぜ。

それもそのはず。

デザートの量が尋常じゃない!
(ちなみに、自分はデザートだけ頼んでワイン飲んでました。)

ふむ。

エンゲル係数がひたすら高い旅だ…。

TOP