悲しみ深き夜

投稿者: | 2013年3月8日

昨夜、訃報を受け、今夜は仕事を早上がりして佐久間町へ。

祖父の姪の旦那さんということで、
本来なら私までお呼びが掛かることはないんですが、
我が家は祖父も父も他界しておりますので、私が通夜へ参列です。

幼い頃は何度か祖父と父に連れられて行ったところですが、
大きくなってからは…

一度、祖父と妻と一緒に御挨拶に行ったのみ。

ただ、祖父や父の葬儀では大変お世話になりました。

大事な勤めです。

豊根に戻ってから葬儀に参列することが多くなりましたが、
何度経験しても、面識は浅くとも、辛いものです。

まだまだ若く、これからがあっただけに尚更。

法要のみ参列してご無礼しようと思っていましたが、
せっかくなのでとお引き留めくださいまして…

夕食を御一緒させて頂き、納棺のお手伝いを。

納棺は、本当に、こみ上げてくるものがあります。

涙無しには、できません。

親族とは言っても、私から見れば名前が分からない方ばかりでしたが、
逆に私の幼い頃をよく知る皆様から親しくして下さり、
改めて、祖父の代の親戚関係との繋がりを強く意識した夜でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください