長男がミンデンでパン作りの修行をしてきました。

投稿者: | 2019年7月30日

降り続いた雨が上がって、梅雨も明けて、突然夏を思い出したかのように暑い日が続きます。

医療機関と保健機関を行ったり来たりしていると、自分を取り巻く温度変化が激しいです。
さて、本日の目玉は障がい者支援事業。

保健師さんが中心となって、障害を持つ方のサポートをしながら昼食を調理し、一緒に食事をしながらコミュニケーションを取ります。
レクレーションなどもあり、楽しい時間を過ごしていって頂きます。

ただ、トイレなど多少の介助が必要な場合、男性の手も必要になります。

そんなときは…

待ってましたーーー!

とばかりに、私もはせ参じまして、介助させて頂きます。
これもまた、未知なる世界でして、大変勉強になる。

いざという時、どのように身体を使ってサポートすればいいのか。

専門家の皆さんからアドバイスを頂きながら。

さて。
今夜は、帰宅後の楽しみがひとつあります。

夏休みを満喫中の長男が、日中、豊根村唯一のドイツパン屋さん「ミンデン」へ、修業に出かけたのです。

修行と書くと仰々しいですがww

子供向けのパン作り教室をミンデンさんが開催されまして!

小学校4年生にして本格的なドイツパン作り。
うらやましい環境です。

そして、長男が焼いてきたパンがこちら!!

そのお味は…

めっちゃくちゃ旨い。

多少、両親バイアスがかかっているかもしれませんが、本当においしい。
妻なんて、

「そのままミンデンさんに弟子入りしようよ。美味しいパンが毎日食べられるしw」

と、おっしゃるほどw

ごちそうさまでした。

次男君も、大喜びで食しています。

後ろを歩く、裸の大将は気にしないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください