今朝の中日新聞朝刊に村保健事業掲載!

出生数が少ない小さな村だからこそ、先端ツールを取り込んで!

お父さんの育児参加を狙います。

今朝の中日新聞朝刊三河総合面で、
勤務先のひとつ「豊根村保健センター」の取り組みを紹介頂きました!

一緒に働く保健師さん(3名)の熱意で、
今年度は2つのスマホアプリプロジェクトがスタートしました。

昨年の春。
異動当初、まさか、そんなことになるとは思わず…。

情報機器に強い男が異動してきたから、この機に!

と、狙われたんでしょうか(笑)

事前準備も、いろいろと大変でしたが、無事に打ち上がってよかったです。
でも、いちばん大切なのは打ち上がってから。

保健師さんたちのイメージを形にできるように、研究します。

職場には、知ってもらってなんぼの仕事がたくさんあります。

広報誌やホームページなど、様々な手段を駆使して、
やっていることを周知するのですが、やはり影響力強大な新聞紙面には敵いません。

取材に来てくださった記者さん、ありがとうございます。

ネットニュースやまとめサイト、YouTubeなど、
様々な情報発信手段が日々登場していますが、
足で稼ぐ「信頼性」は、やはり新聞がナンバーワン。

ネットニュースだって、新聞記者の「足」がなければ成り立ちません。
ほとんどが、新聞社や通信社、テレビ局の取材から引用されたものです。

新聞社、特に地方版において、
地元に根付いた通信社としてのニーズは、消えることないと信じています。

世の中のニュースが全国区のものばかりになったら味気ない世の中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください