村議会休日開催で初傍聴

いつもは平日に開会される豊根村村議会の本会議、一般質問。

その結果は議会だよりなどで知るところとなりますが、
それは整理された情報。

議場は、ライブで臨場感のある生の情報が行き交う場。

議場という、村の中でも最も厳かなる場所。
伝統ある部屋で繰り広げられる会議。

職務があるため、今まで出たことはありませんでしたが、
このたび!日曜日に開催されると!!

これは…行くしかない。
一体、どんな雰囲気で村の将来、方針が展開されるのか。

ワクワク。

出勤と同じ時間帯で役場へ。

傍聴リストに記名すると、一般質問内容を記載したリーフレットを頂けます。

9時開会が近づいたところで、議場へ。

すると!!

「さかもとくん、県道で落石が。」

出席者の方から情報提供頂き、
現場写真を撮影下さったので拝見。

普通車は通行できるけど、大型車は通行困難。

これは…急いで対応せねば!!

議会のため、一度落としたスマホの電源を再投入し、
県道路情報の休日連絡先へダイヤル。

状況説明を…と進めたところで、
路線名や目標物(橋梁名)よりも住所を教えて欲しいということ。

しまった。

山の中を走る幹線なので、住所(字以下)が…分からん(汗

急いでデスクに戻ってパソコン開いて字名を確認。

住所を伝えようとしたところで…

「豊根村の…」

「それは、豊橋ですか?」

「…???」

「いえ、北設楽郡です。」

豊根村は豊橋じゃなーーーい!!!

アルバイトの方なのかな?

平日対応の事務所の方だったら、
路線名(しかも略称で)と目標物と状況を伝えるだけで済むんですが、
意外に時間が掛かってしまい…

ぬおおおお。

本会議が始まってしまった。

初めての議会傍聴からして、途中入室という…お恥ずかしい。

内容は正確性が求められるので、
ここでの公開は遠慮させて頂き、議会が発行する議会だよりを参照して頂くとしまして…

ひとつの発言ごとに重きを置かれるその雰囲気、
緊張感を持った議会と執行部とのやりとり。

その距離感、空気感。
文字情報からは決して読み取ることが出来ない表情や語気、雰囲気という情報。

大変、勉強になりました。

この場を傍聴するという行為は、積極的に情報を取りに行ける場所で有り、
情報を「待ち」の姿勢で取得するのとは全く異なる、良い機会です。

人から人へと伝来する「ウワサ」という情報とは異なる、確たる情報。

全てが記録として保管されるため、
最も正確な情報が議論として飛び交うわけです。

是非!ご興味ある方は参加されてはいかがでしょうか。ホントに。

豊根村に限らず、全ての市町村には議会機能があります。
そこに住む人間だったら、一度は行ってみるべき。

議会が終了し、若干の延長戦をはさみつつ、帰宅。
価値ある時間、有り難う御座いました。

日曜日開催に感謝です。

午前中で、議会は終了。

 

さて、午後からは草刈り作業。

お茶畑周辺の草刈りに。
新しいチップの切れ味が楽しすぎて捗ります。

母上がキイロスズメバチに刺されたということで…
刺されたにもかかわらず、蚊に刺されたくらいのノリ。

ヘビイチゴの焼酎漬けが効くらしい。

さすがです。

この時期、おいらも気をつけて。

“村議会休日開催で初傍聴” への1件の返信

  1. ピンバック: 9月村議会定例会の開会中 | kenta's page ~未知は近きにあり~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.