芝桜の丘ライトアップテスト

DSC08618

暗闇に浮かび上がるピンク色の絨毯!

詳細は後半にて。

 

さかのぼること日中。
林道担当の先輩のお手伝いで、山の中へ男4人。
課のメンバー6人中、4人で簡易測量に出かけました。

DSC_4568

木々を分け入る、昨年度開設したばかりの林道区間。
本当に、美しい。

ですが、相手は自然。

思うようにはいきません。
山を「治める」様々な工事が実施されます。

その中のひとつの工事を先輩が担当して進めるため、
該当する場所の測量を実施。

DSC_4562

崖のような場所ですが。

両手にポールを持ち、「ポール横断」を測定します。

測定場所へ、ズイズイ進む。

法面の高さを測ったり。

そして、こちらが昨年度開設した道の終点。

DSC_4566

長年土の中で眠っていた岩盤部分のうち、
砂礫質の部分が雨で流されて、面白い模様が出来ています。

まるで、バームクーヘンを外側から剥がすように…

薄い層を成した砂礫岩。
手に取ると、パリパリ…と、風化する。

自然の作り出す、造形。

そして夜。
仕事を終えて、観光担当職員の皆様と共に、
もうひとつ、自然が作り出す美しい造形の場所へ!

DSC08513

豊根村内でリフトがある場所といえば…ここ。

茶臼山高原。

照明に囲まれたリフトを登っていきます。
テストのため、臨時で動かされたリフト。

DSC08524

日が落ち始め、照らし出された造形は…!!

DSC08604

今や、愛知県の有名観光スポット、
茶臼山高原芝桜の丘。

今年からの初チャレンジ!
芝桜の丘、夜間ライトアップです。

恋人の聖地、ハートマークの電飾。

DSC08610

園地内の展望台から、丘のてっぺんに向けて広がる。

花畑の向こう側には、ライトで照らし出されたペアリフト。

DSC08633

まだ4分咲きとはいえ、ライトアップすると花びらだけが
目立って照らし出されますので、より一層、密度高く感じます。

DSC08622

今夜は風が強くて、1時間もいたら相当寒い!
そりゃ、標高が標高ですから。

しっかり防寒具を用意して、臨むべしです。

DSC08651

ミスター花祭りの従兄弟がリフト乗降のサポートしてくれ、
下りのペアリフトに乗車。

そこからもまた…

DSC08673

芝桜の丘が見えなくなるまで、じっくりと楽しめます。

いや、芝桜の丘が見えなくなっても、
リフトが行き交う様子がライトアップされていて、
今までに見たことが無い種類の風景です。

DSC08703

夜のリフト…新鮮!

それも、下りリフト。

冬季には初心者ゲレンデとなる、最下面のゲレンデは、
スキー用ナイター設備がそのまま運用されていて、色とりどり☆

DSC08725

これだけ明るければ、リフトへの道順も迷うこと無しです。

DSC08733

気になるライトアップ期間は…
5月23日(土)~5月31日(日)の毎夜20時まで。

繰り返しになりますが、くれぐれも防寒具の用意をお忘れなく!

ライトアップ(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください