春の星空観察会in休暇村茶臼山高原

畑を耕して、草刈りをして。
晴れる=畑仕事の我が家です。

一番良い運動は、息子とのキャッチボール。

お父さんが野球のセンス無くて申し訳ないですが、
それでも、今のところはまだ、息子より上手なはずです(笑)

ふたりともクタクタになった夕刻ですが、
まだ!今夜は息子が楽しみにしている星空観察会。

自宅から茶臼山高原までの寸分の移動時間でしたが、
早々と息子は車内でグッスリ。

が!

休暇村茶臼山高原に到着してエンジンを止めると、

ガバッ!!

と身体を起こして、今まで寝ていたのがウソかのように
車外へ飛び出して走り去る息子。

待ってましたと、言わんばかりです。

望遠鏡のスタンバイを行っていたUZ先生の元へ向かうと、
4月から新たに観光協会事務局長になられた先輩のお姿が!

今年度も引き続き、観光協会全面協力。

定刻の19時30分となり、まずは休暇村茶臼山高原内にて、
星空観察会に先だってUZ先生から星空解説です。

DSC01045

さすが、GWですよ!
会議室のパーティションを払いのけるレベルの客入り!
もしかしたら、過去最高!?

最初は必ず、こちら。

DSC01047

天文学と暦は古くから密接な関係。

本日は、旧暦で…

3月34日!?

「疲れが出たせいか、3月が34日になっちゃいました。」

疲れが…それもそのはず。
昨夜も遅くまで、郡上八幡で星空ナビゲーションされていたUZ先生。

恐るべき体力。

つづいて、この先、春から初夏にかけての天文イベント。

DSC01049

なんといっても、火星が地球に最接近!

惑星の3つが一晩中観られるということで、
今夜の観測ターゲットでもある木星、シミュレーションソフトmitakaを使って
望遠鏡で覗いたら、どんな風に見えるのか?

意外に知らないその姿を解説。

DSC01054

ひととおり解説を終えて、いざ今宵の澄んだ空へ。

DSC01059

「わぁ~~綺麗!!」

あたりに感激の声が響きわたります。

DSC01063a

すると…

「あっ!!流れた!!!」

暗い夜空、眺めていたらひと晩で必ずといっていいほど、流星が観られます。

「流れ星、生まれて初めて見たぞ!!」

そんな感激の声も聞こえてきます。

DSC01067a

4台ある望遠鏡の中でも、最も目を引くのが、UZ先生のC11。

DSC01072a

唯一の反射望遠鏡にして、大口径!

休暇村の望遠鏡も、休暇村スタッフさんの手によって大活躍。

DSC01081

次から次へと天体が導入されていきます。
春になったとはいえ、夜はまだまだ冬の寒さ。

一旦中締めされたところで、今度はスタッフによる大人の観察会。

DSC01096a

今夜の星空は、空気が非常に安定していて、
とってもシーイングが良い。

となれば…

UZ先生のC11大口径反射望遠鏡に、マウントアダプターを介して、
おいらのミラーレスSONYα7Sを、直接接続。直焦撮影。

ピント合わせのために導入されたスピカ!
さすが、一等星だけあって、明るさが際立ちます。

DSC01098a

UZ先生にM104を導入して頂き、露出を合わせて…

8秒で1枚。
そこに現れたソンブレロ帽子!!

大人たちの大歓声が響きわたる!!

8秒で信じられない写り方。
銀塩時代に天体写真をやってた人ほど、この感動が大きい。

まさに、リアルタイムでメシエ天体が画面に映し出されるわけです。

一方で息子は、若い大学生集団の皆様に遊んでもらっていました。
あまりに楽しすぎて、帰る様子無し。
大学生の皆様、ありがとうございます。

大人たちも、メシエ撮影楽しみました。

22時過ぎに帰宅し、これからが勝負所。
先ほど直焦撮影した写真を複数枚、重ねてイメージ処理。

それが…こちら!

M104att

メキシコの帽子、ソンブレロに似ているため名付けられた
M104ソンブレロ銀河。

私が、一番好きなメシエ天体です。
横に一線入っているように見える暗黒帯が良い。

ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された写真は、圧巻。

ソンブレロ銀河 – Wikipedia

続いて、M51の子持ち銀河。

M51patt

おおおおおおお!!!

2つの銀河が手を握り合うように、寄り添っているーー!

子持ち銀河 – Wikipedia

こんな写真が、手軽にスナップ写真のように撮影できる時代。
デジタルカメラ、スゲー。

デジタルカメラが苦手な赤色の光は、
ローパスフィルタによって残念ながら捉えることが出来ません。

しかし、UZ先生はローパスフィルタレスの改造カメラを入手されたとか!?

直焦、期待しています。

“春の星空観察会in休暇村茶臼山高原” への2件の返信

  1. いつもありがとうございます!
    さすが高感度デジカメ威力が破壊的です!
    それにしても、昨年12月から5回連続快晴はちょっとよすぎです。
    今回は、「チラシを見て」来てくれたお客さんもいて、ちょっと感動です。
    星空だけじゃなくて、この取り組みの広がりに感動できるのは幸せです。

    昨夜は夜中に改造カメラで広角撮影してみました。
    そのうちブログ、fbにアップしますね。

    次は5月14日です。さて、天気はどうなるでしょうか?

    • なかなか夜の天気に恵まれない茶臼山高原でも、冬場は空も状態が良いのか…
      それとも!行いの良さですかね(笑)

      チラシから誘客に繋がったんですか!!
      それはスゴイ!!
      まさに、継続は力なりですね。

      天体によっては、高感度デジカメで、その場のライブ写真をお客さんに観てもらうってのも、良いかもしれません。
      イメージを観て、再び眼視すると、よりわかりやすい気がします。

      改造カメラ、やはりトライされていましたか。
      画像を楽しみにしていますよ~と、共に、また次回も宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください