あれっ!?一方通行。

日頃から交通安全に関しては相当に厳しい弊社ですが、
今日は退社後に東海署の方を講師に交通安全講習会がありました。

テーマは高速道路での安全運転。

…というか、交通事故を起こすと相手はもちろん、
自分の家族、そのまた周辺へ不幸をまき散らすという…
凄まじい心理圧迫なドラマを見せさせられました(汗

高速道路での運転で注意すべき事が2割くらいで、
他8割は心理圧迫(汗

帰りの車の運転が怖くなりました(汗

ちなみに、我が社では加害、受害にかかわらず、
事故に遭遇するとメールで工場内全社員にレポート回す義務があります。

色んなパターンがいつも回ってくるので、
こんなに事故ってあるんだなぁ…と、思うと同時に
自分が運転していても、この交差点はここに死角があって危険だなぁ…
とか、運転に対して改めて慎重になれます。

事故パターンから、気をつけた方がいい場面などが本能的に分かってきます。

ただ、自分がメールを回す羽目にはなりたくないですが…。

そんな、ビクビク運転しながらの帰り道のこと。

いつもと同じ道、いつも通りに左折しようとすると…

左折方向から来た車の運転手さんが両腕を交差させて「×」印を描いています。
うん?
狭いからこっちに入れないってことなのか??

こちらが優先車線だったんですが、左折せずに待機していると
のそ~りとその車がこちらへ右折してきて…

すれ違いざま、窓を開けて一言。

「こちら、一方通行では入れませんよ~~」

って。

え!?
一方通行!?

いつも普通に進入しているんですけど…(汗

ここ数日工事をしているなぁとは思っていたんですが、
どうやら、今日から一方通行になった模様!!!

そんなことがあるのか!!!

相手の車が教えてくれなかったら普通に入っていってしまったかもしれない(汗

ってか、交通標識、法規が変わったのなら、
大々的に看板でも設置しておいてくれないと分からないってば!
ちょっと、ヒヤリとしました。

交通安全講習会の後なだけに…

“あれっ!?一方通行。” への4件の返信

  1. こんばんは。UZです。
    よくありますよ。
    時間制限通行止めの時間がある日突然かわったり、突然車両通行止めになったりして・・・。
    標識を見てないと、いつものように侵入したらおまわりさんがいて、切符切られるなんて事がありますよ。
    私も通勤経路で、この4月に同じような事がありました。自転車なのでほとんど問題ないんですが、ある日突然時間による進入禁止の時間が替わってたという事があって、車による通勤経路を変えなくてはならない事がありました。
    標識はちゃんと見ないと駄目ですよ、気をつけましょう!!

  2. >UZ先生
    こんばんわ!!
    なんと、良くあることなんですか!
    自分的には初体験だったので、ビックリでした。
    しかし、時間制限通行止めの時間が突然変わるというのは…
    それ、気付く野相当辛くないですか!?
    あんな小さな文字を…それでいて、おまわりさん待ち構えているなんて、
    なんてあくどいんだ(笑)
    こんな時、自転車通勤だと良いですよねぇ…。
    通勤経路をまた考え直さないといけないのがめんどくさいっ!
    折角、良いルートを見つけて利用していたのに…
    はいっ!
    慣れた道でも、細部まで標識をちゃんと見るように致します(汗
    しかし、今日の道は一方通行の標識が見あたらず…本当に一方通行だったのか…
    (運転中なので、あまりキョロキョロできませんしね(汗))
    明日改めて確認してみます☆

  3. 我が社では、見たことがない社内規則にはあるかもしれませんが、事故報告義務は聞いてませんねえ。道路標識の変更は事前に案内看板を出すなどして知らせ、取締りは一定期間警告のみにすべきです。

  4. >koppaさん
    社内規則…入社した時に冊子が配られましたが、その時以来開いていません(汗
    事故報告義務は、社内規則に書いてあるのか分かりませんが…
    災害速報と共に、メールで回覧されるようになっております。
    さらに、我が部署だけかもしれませんが…加害の場合は、部署全員の前でプレゼンされられます(汗
    おっしゃるとおり、法律に関わることですから、道路標識の変更は前もって看板などで周知して欲しいですね。
    そして、取り締まりもいきなり違反切符というのも(汗
    それまでは、取り締まり対象ではなかった違反ですもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください