夜のヤナで鮎と鰻

昨日から降り続けた雨により増水した川。
そんな川に近寄るのは大変危険!!!

かと思いきや、そのタイミングを狙って川に現れる「衆」がいます。

河川の増水により香り深き川魚「鮎」が川を「落ちて」きます。

人工的にせき止められた「ヤナ」では、
そういった落ちてくる鮎を一網打尽にします。

ヤナってどんなもの!?

って方は、昨年私が取材したエントリーをご覧下さい☆

■ヤナ作りと納涼祭り – kenta’s page!!2011

■ヤナも完成間近です – kenta’s page!!2011

天候に左右されるこの「漁」ではありますが、
是非、のんちゃんに来ていただき、大入川の鮎を味わって欲しい!!

そんな有り難いお言葉を頂きまして、のんちゃんをお連れするという口実の下…
私、いや、私とその家族&ちょうど豊根に来ていた東京のお母さんと共に、
自宅近くのヤナへ行ってきました(笑)

なんと、15時頃から準備を進めて下さったそうで、感謝感激です。

現地に到着すると、真っ暗闇の中…
照明で浮かび上がるヤナ。

DSC08551

まだまだ河川の水量は多く、梳きに鮎が引っかかっています。

DSC08555

それを見た息子。

大興奮!!!

引っかかった鮎を握っては…

DSC08502

生け簀に放り込む!!

だんだん、目が真剣になってきました。

DSC08506

途中からは、我々の存在を完全に無視!!!(笑)

何かに取り憑かれたように、ひたすら鮎を掴んでは生け簀に放り込みます。

DSC08509

あれ…今日は、のんちゃんに鮎拾いを体験してもらおうと思っていたのだが…
のんちゃんの掴む分まで次々に生け簀へ放り込む息子。

終盤には、息子の表情が恐ろしくなってきた(笑)

DSC08536

完全なる興奮状態(笑)

こうして写真で見ると、鮎が引っかかっている様子がよく分かりますね。

んで、こーーーんなにたくさん!!
生け簀は鮎で一杯になりました。

DSC08558

触りたくてしょうが無い息子は、生け簀に顔を突っ込みます。

DSC08559

さらには、天然ウナギ!!!!

めっちゃめちゃでかい。

DSC08569

人の腕ほどの太さ。
一説には、15年物と言われています。

こんなウナギも大入川にいるんですね…。
噂では聞いていましたが、実際に目で見ると驚きますわ。

取れた鮎やアマゴは、塩焼きにして併設されている作業小屋で味わいます。

DSC08519

囲炉裏の上、串刺しにされた鮎。
油がしたたり落ちて、めっちゃ旨い。

DSC08527

のんちゃんと、息子も、大喜びです。

DSC08512

ちなみに、ウナギは鰻丼!!
ってか、自宅前の川で取れた肉厚天然鰻のどんぶり。
そんなものが食べられるなんて…

超、贅沢。

DSC08510

のんちゃんに感謝です(笑)

囲炉裏を囲んで、このヤナを管理しているグループの皆様と談笑。
ヤナの立地条件や作り方など、いろいろと教えて下さいました。

川幅や砂の溜まり方などを分析して立地を検討するそうで。

ただ、ウナギはホントに稀少品らしく、
ありつけた我々は幸運です。

あと、川を流れてヤナに引っかかった胡桃を焼いて食べたりしましが、
香ばしくって良いですね。

なんとも美味しい夜でした☆

「夜のヤナで鮎と鰻」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    たちゅあき、戦闘体制に入ってますね!
    ⇒まるで、戦闘兄さんの様な顔付きだわ(笑)
    鮎は旨いよね★
    巨大うなぎも食べれるなんて、更に
    羨ましい。
    今週末は、甥っ子の運動会の応援で久々に田口に来て居ます。
    こっちは涼しいね!
    ⇒エアコン要らんな。
    そう言えば、ユーテナ先生が体調を崩して入院されて居ます。
    ⇒音沙汰が無いのは、其の為だった模様。
    中国の騒動が大きくなる前に、或る意味帰国出来て居たのは良かったのであるが…。
    心配。

  2. >ウェスさま
    こんばんわ!
    最近、戦闘系に凝っているので、表情まで再現されるようになってきたようです(笑)
    豊根は朝晩、寒いくらいの気候になってきましたよ。
    田口の運動会はいかがでしたかっ!?
    私は、鳥取へ行っていました。
    あ、ユーテナ先生…入院ですか!?
    ええええっ!?
    中国の騒動に巻き込まれているわけではなかったのですね。
    心配です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください