津具に集まって

とある事業の北設3町村担当者が集まっての会議。

とある事業の担当になったのは今年度からなので、
まだまだ分からないことだらけ。

事前に昨年の会議資料などを眺めて頭にたたき込んで
会議に参加しても流れに直ぐに乗れるように…
とは思ったものの専門用語が多すぎて(汗

早く素人の域を脱せるようにせねば。

しかし、せっかく知識をものにしても、
1年先には異動になって知識が不必要になったりして(笑)

この業界の宿命ですな。

北設楽郡の3町村が共同で進める事業ってのは、
いくつかあります。

そのいくつかは、通常ならば単独市町村で行うことが多いので、
こうして町村をまたいで共同でって事自体が全国的に珍しい。

また、本来は民間がやることであっても、
こうした過疎地域では費用対効果の面からできないってことは
公的機関がその役割を担うことも。

それ自体が全国的に珍しいって事業もありますね。

だから、常に手探り状態で問題が山積みだったりします。

問題の何が問題かが分かれば解決は直ぐそこ。
頭をひねるぞ-。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください