朝からドタバタ、午後は乳幼児健診、夜は宿直

勤務先医療機関にて、ルーチンワークを済ませまして。

昨夜作った書類を携えて、朝、本社へ。

あれよあれよとお昼になり、午後からは勤務先保健機関にて乳幼児健診!
受付のお兄さんです。

「あ!おとーやん!!!」

自動ドアをくぐって、次男くんが早速お父さんを見つけました。

お父さんは受付作業でテンパっています。
その姿をじぃ~っと眺められて、照れるやい。

一緒に受付をする事務さんに

「おとーやん!だって!かわいぃ~~!」

そして歯科医師の先生にも

「お・・・おとーやんっ!?(ウフフ)」

職場が子どもたちであふれて、賑やかな、幸せな時でした。
でも、すぐに現実がやってきます。

急いで事務仕事を進め、宿直業務のため本社へ。

やはりですね。
この1年、この仕事をやってみましたが…

従来、2名でやっていた仕事が1名になってみるとですね。
それも、自分よりずっと役職が上だった2名分の仕事をもらってですね。
そのまま2名分は、さすがに…というわけで、
ほかのメンバーとも仕事を分け合うんですが、

仕事の難しさというよりも、物量的に厳しいところがあるわけです。

どれだけ仕事に慣れて迅速な方法を編み出しても、指は10本、手は2本、頭は1つ。

これから先、全ての仕事がこのような感じになっていくのかなぁ。
人口が減り続ける小さな村の宿命なのか。

やってやりますよ。

やってやりますけど、それでもやはり、仕事の分担というのは、
役職や報酬に比例した難易度と物量を、それぞれ仕事に携わる人同士が平等になるよう、
維持することを考えなければならないと感じるのでありました。

例えば、新聞配達が歩合制だったとして。

1時間に100軒配達すると1000円もらえるとして。
1時間に200軒配達しても1000円だったら、どうしますか?

というお話です。

現在、年度末シーズン。
今週の夜は出かけっぱなしでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください