今朝の中日新聞朝刊社会面に花祭り!!

■中日新聞:花祭りを“世界遺産”に 愛知県が映像化予算:社会(CHUNICHI Web)

なんと!!!

ホントに世界遺産候補にするんですか!?
ちょっとびっくりな記事が…

中日新聞の社会面に!

花祭りって、いつも「東三河版」か、
出ても「三河版」(おいら達の結婚式記事とか)なのに…

ついに、社会面進出です(笑)

愛知県奥三河地方の山村に鎌倉・室町時代から伝わる伝統芸能「花祭り」を、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が作る世界の無形文化遺産リストに-。愛知県と県教育委員会は、リスト登録に向けた第一歩として、花祭りの様子を映像で記録する事業費数100万円を2009年度の県予算に盛り込む方針を固めた。

会社でも、同期に新聞記事の話を聞き、幼馴染みからもメールが来ました。
知らせてくれて有り難う!!!

記事によると…
県が予算を…

ユネスコは、これまでの「有形」の自然や文化遺産を登録してきましたが、
ついに「無形」にも手を出すらしい。

その最初のリストの候補に…??

まあ、いろんなプラスのこと、マイナスのことが頭をよぎっておりますが…
無くなるよりは…マシか。

花祭りの地元・設楽町、東栄町、豊根村では少子・高齢化が急速に進み、祭りの伝わる17地区のうち2地区は担い手不足から休止状態に追い込まれている。他地区でもいつまで継承できるか危機感が高まっており、県は「伝統文化を守るだけでなく、山村振興でも、登録を目指すことは有意義」と判断した

さあ、今後の花祭り、激動の時代に突入なのか!?

“今朝の中日新聞朝刊社会面に花祭り!!” への8件の返信

  1.  私もその新聞記事を読みました。「花祭りの里交流サイト」でも意見を述べましたが、私は花祭りの存続のためのメリットにはならず、地元の人の負担が増すだけだと思うので、登録には反対です。祭りを担うのは地元の人ですから。登録されれば、観光客が増えることが予想されます。今でも「せいと衆」の整理も大変だなあって思います。登録するにしても、全地区をってことになると思うので、全地区から合意を得られるのか疑問です。花祭りを行なっている地区それぞれで十分議論を重ねて欲しいと思います。

  2. ご意見有り難う御座います!
    花祭りの里交流サイトの書き込みも、以前拝見させて頂いた記憶があります。
    確かに、地元民の負担が増すことは確実ですね。
    上黒川の舞庭でも、以前から水洗トイレを付けるか否かの議論が起きていますが、
    訪れる人の利便性を考えて水洗トイレにするか…しかし、それには維持費が大きくかかってくるし…
    と、やはり主に負担するのは地元の人間になります。
    ただ、地域産業も既に危機的状況の今、花祭りをブランド化することで多少なりとも雇用を生み出すか…その瀬戸際で、自治体も苦慮している物と思われます。
    ただ、問題は、自治体と花祭りは本来切り離されている物でありまして…
    そこを、どう、協業体制を気付くかが問題とも思います。
    その差異の典型的な例が、豊根村と東栄町の違いかな…と。
    なんにしても、一本縄では、世界遺産登録への音頭すらもあげるのは難しいでしょうね。

  3. 世界遺産の件、職場で話題にはなりました。
    私が聞いた下黒の衆は、そんな肩書きはいらん。と言ってました。
    関係者以外がいたずらに、太鼓をたたいても舞子は舞いません。
    次世代を託したい我が家の息子3歳は、花が終わってひと月ですが、舞を飛ばして、ビデオをみながら太鼓の修行中!
    如何に花キチにするか!嫁と日々考えてます。

  4. >火の禰宜さま
    やはり、御職場でも話題になっておりましたか。
    豊根では思った通りと言いますか…やはり、世界遺産登録反対派が多勢を占めそうですね。
    自分は、ユネスコの言う無形の世界遺産というのが何を意味するのかを全く理解していないので、まだまだ賛成、反対、どちらとも言い難いところです…(汗
    花祭りがかつて、国の重要無形民俗文化財の初期登録文化に選ばれた時、それを当時担っていた人たちはどんな議論をしたんでしょうか。
    とても気になるところです。
    そして、これまで花祭りが続いてきたところに、国の無形文化財になったことが果たして役に立っていたのか…また、多くの方が知ることになったところに影響してきたのか。
    気になります。
    さてさて、火の禰宜さん宅の花キチ2世君、3歳ながら太鼓の修行ですか!?
    こりゃまた将来有望ですなぁ~☆
    マイマサカリを与えるのも良いんじゃないですか??(笑)

  5. ローカル紙ですがこの様な無責任なコメントが新聞に掲載されてしまいました。いかがなものでしょう…
    このまま突っ走ると、とても危険な気がします。

  6. >火の禰宜さま
    http://www.higashiaichi.co.jp/today_news/090128t/09012801.htm
    上記記事、拝見しました。
    うちの嫁さんも「温度差を感じる」と言っています。
    昨日、上黒川の花祭り保存会の慰労会へ参加してきましたが、
    ほぼ9割方、世界遺産登録へは疑問符が残るという感じでした。
    これまでのマスコミへの意見は、「是非登録!」という論調が多勢を占めていますが、
    その反対の意見は…露出されないんでしょうかね。
    恐らく、少しでも反対意見が掲載されれば、世界遺産登録がお蔵入りになる可能性が高くなるので、
    そのあたり、調整しているのかもしれませんが…
    ともかく、世界遺産登録へ…となると、
    保存会を始め、氏子の皆様への負担が激増することは言うまでもない…
    そう思います。
    都市部からの助けをもらって花を維持するという考え方の地区は
    それ相応の対応が出来るようになるのかもしれませんが、
    特に豊根の各地区のように、花を氏子の力でどうにか守っていきたいと思っている地区に
    とっては、それこそ花の滅亡を早める以外の何者でもないような気がします。
    それを、マスコミにも取り上げてもらいたい…そう思います。

  7. 花とは、何んぞや?
    う~ん難しいですね…。
    昨日、職場の人からの情報です。
    知っているかもしれませんが、2月14日大阪ドーンセンターホール で「月」の出花があります。
    パンフ資料の月会長のコメントに、
     「花祭りとは本来、五穀豊穣、無病息災の祭とされ、地区の村人、近隣遠方の親戚が集まって舞手となり、セイトとなり、舞庭の中で舞い踊るものでしたが、近年、観光客、写真愛好家の数が増え、セイト、村人が遠慮がちになっています。」
    とありました。
    東栄も、豊根も花にたずさわっている人は同じ思いをしているんだなって、感じました。
    息子が、花の太鼓にはまってます。
    ばか親は、ネットで太鼓を注文しました…

  8. >火の禰宜さん
    今日は、花について、ちょっと暗いニュースが流れていましたが…
    大阪での「月」の出花。
    もちろん知っています!
    そして、さすがは嫁さん本拠地の出花だけあって…
    嫁さん、行く気満々であります!!!恐らく、自分も…(汗
    さてさて、月の会長のコメント、なかなか興味深いことが書いてありますね。
    確かに、「近年、観光客、写真愛好家の数が増え、セイト、村人が遠慮がちになっています。」
    この部分、大いにあると思います。
    先日、下粟代に行った際は、観光客?の方が多勢を占め、こちら囃す方も…な~んとなく囃しにくかったです。
    で、夜半を過ぎて人が減り始めてきたあたりから、酔っぱらいによる盛り上がりタイムとなっておりました。
    情報有り難う御座います!
    っとっとっと!
    最後に何かすごいことが書いてあるではありませんか!(笑)
    ね…ネットで太鼓を注文ですか!?
    Wiiじゃないですよね?(笑)
    さすがは火の禰宜さん…こだわるところにはとことんこだわりますな☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください