村内神社氏子総代大集合

豊根村内には、十数社の神社があり、
その各々に氏子がいて神社の管理をしているそうです。

氏子の中でも、集落に1人とか、氏子総代といって
役員的存在の方がいらっしゃいます。

我が集落では回り番で氏子総代役が回ってきて、
今年から私がお役を拝命されてます。

本日は、村内の氏子総代が集まっての作法講習会。

30人くらいが集まりました。

村に住む神官さん三世代のお三方がいらっしゃって、
数多ある宗教の中でも最も難しい部類と呼ばれる神道作法を習います。

私も、神社が好きでしょっちゅう行くので、
これは正しい作法が学べる良いチャンス!!

なーんて思っていましたが、思いの外、決まり事が多くてビックリ。

立ち上がる時の足の出し方とか、進む時の足を出す順序。
それら、右から…とか一律に決まっているわけではなく、
神様に対して自分がどの位置にいるかによって
右足から進めるのか、左足から進めるのかが、変わってくるんですよ!!

お辞儀も何種類かあって、
場面によって角度が異なります。

90度を拝、45度を深揖、15度を小揖と言って、
この三種類はよく使います。

動作の合間に、小揖が多々入ります。

それと同時に、ものを持つ時の動き…

例えば、拝揖をしてから一歩進んで、
お供えの載った三方を持ち、一歩後退して振り返り…

と、その動作を考えつつ、ここに足を出す順序も入ってきます。

なんというマルチタスク。

神官さんがおっしゃっていましたが、
神主の中でも、完璧に作法ができる人間はわずかしかいない。

だそうです。

それくらい、難しいってこと。

本日は、基本中の基本を習いました。

 

神社に戻って秋祭りの打合せを終えてから帰宅。
外の風雨がかなり強くなってきました。

夜には、家がゆらゆらと揺れるような感覚が…。

そしてっ!!

 

台風の影響で停電。

DSC_0004

ろうそくの明かりの元、御菓子でも食べながら家族団らん。
まあ、たまにはこんなのもいいかな。

しかし、調子に乗った息子は、ひたすら…

エンドレスハッピーバースデイソング。

そして毎回、ロウソクの明かりを消そうとするので止めます(笑)

なかなか復旧しないので、
停電直前まで沸かしていたお風呂が冷めないうちに入浴。

もちろん、照明はロウソクの明かりをお風呂に持ち込んで。

 

外は真っ暗。
こんな静かな夜も良いもんだ

新月だったら、相当星が綺麗だろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください