保育園の親子雪遊び

お世話になっている保育園、
年長さんが保育園で過ごすのも、残りあと僅か。

愛知県内唯一のスキー場、茶臼山高原スキー場の麓で生まれ育った子どもたち。
その多くにとって、スキーデビューを飾るのが…!!

この、保育園親子雪遊び。

平日開催につき、職場のお休みをもらって参加します。
そんな平日にもかかわらず!

お父さん参加率が高いのも、親子スキーの特徴。
皆さん、休みを確保して。

年長さんのお父さんもしくは、お母さんが参加し
子どもたちと共に雪と戯れます。

茶臼山高原までの道のり、昨夜の雪によって路面は真っ白です。
車体が滑る、滑る。
まだ滑るには早いです。

軽トラ4WDのお陰様で現着。

FF車は、スタッドレスタイヤ履いていても、かなり難儀したそうです。

まずは、雪遊びからスタート。

DSC_5769

一週間前には、暖かすぎて雪遊びできるのか?という気候でしたが、
打って変わって、人工降雪機が稼働する氷点下の極寒の中。

ソリ滑りを大いに楽しみ。

大人達もソリ滑りを楽しみ(笑)

私も、園長先生とタンデム。

DSC_5770

昼食をはさんで、午後からはついに!

年長さんたちはスキー板を手に入れ。
お父さん、お母さんたちと一緒に練習です。

スキーの先生はもちろん、お父さんお母さん。

さすが子どもたち。
吸収力は凄まじい!!

1回か2回。

滑り降りただけで、なんとなく感覚をつかんでる!!
あっという間に、上から下まで、転ばずに滑り降りてくる。

ターンを決めるには、もう少し修行が必要かもしれませんが、
習うより慣れろ。何度もベルコンに乗って挑戦する!

午後2時頃まで、めいっぱい楽しんで、帰途に着く同級生を見送った息子。
さあ、ここから本番だ。と言わんばかりに。

DSC_5773

リフトに乗って。

あっという間に、姿が見えなくなる。

DSC_5774

もうひとり、同級生の女の子とお母さんが自主トレで残っていたので、
一緒に滑って特訓したのでした。

そうそう、ゲレンデで何か、構造物を打ち立て中の方々が。

DSC_5779

お!
ミスター花祭り@坂宇場の従兄弟さんだ!

伺ってみたところ、これは新たなスノーマシン????

メーカー提供で試用してみようというチャレンジだそうです。
この長い棒が…スノーマシン。

面白そう。

どんな雪の降らせ方をするのかなぁ。

しっかり練習をしてくたばった息子は、
帰りの車中、駐車場から出た段階で既に爆睡。

帰宅し、私もくたばって横になる。

治りかけていた風邪が…またぶり返す(笑)
さすがに…寒かったなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください