災害査定を受ける

2つの台風による災害。

我々が管理する道路では、林道において顕著でした。

特に大きな箇所においては、その復旧のための、災害復旧費用を国に助けてもらいます。
ただ、助けてもらえるわけではありません。

こちらの復旧方針や、その条件に合致しているかなどなど、
厳しいと言われる「査定」を受ける必要があり、現場で説明します。

その、運命の日が本日。

緊張や焦ること多々ありましたが…。

なんとか。

現場にセッティングした測量器具を撤収する頃には…

日が暮れて、美しい夕焼けの演出が山の端に。

まるで、今日1日、お疲れ様と自然からのメッセージを頂いているような。

ま、こんな大変な目に遭うのも自然のお陰ではありますが。
鍛えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください