小学校の学芸会→保健事業(糖尿病予防教室)

大人にとっての1年と、こどもにとっての1年は、随分違う。
それを大きく感じる行事の一つ、学芸会!!

少数精鋭、みんな出番だらけの小学校。

スタート!

オープニングを務めるのは1年生!!
そして、3~6年生による源流怒濤太鼓。

1年生から順番に始まる劇。

ああ、うちのばーちゃんとか、こんな格好してた!してた!

懐かしさも漂うモンペ姿。
2年生による劇は、村民ホールの緞帳にも描かれている豊根村の昔話。

そいだむんでのたぬきばやし。

マッチのサイズがおかしい(笑)

上黒川の某地域の名前が何度も登場。
良いですね。手作り感溢れる!

そして!

3年生の劇では…

3年生は…1名だけ。
にもかかわらず!

他の学年と一緒になることもなく、なんと。
3年生の女の子が独りで10分以上の演劇タイムを演じきるという!

そこに、脇役で担任の先生も登場します。

スゴイ。
独りということは、セリフも独りで全て。
あれほど長いセリフを、言い切ってしまう3年生。

感心しました。

4年生、我らが長男氏の学年は打って変わって10人の同級生。
最多の学年です。

それぞれに個性溢れます。
賑やかだなぁ。

10人でも、そう思えてしまう。

長男氏、作業着にヘルメットだったり、マントを羽織った悪の科学者…を従えた王様だったり!?

みんな、ほんっと緊張していない。
誰しもが長いセリフを覚えていて。

都市部の学校では体験できないことですな。

全校児童が揃っての合唱。

全校児童が揃って、この人数です。

ちなみに、続くPTAの合唱。

本日のステージ、最多人数です。
皆さん、カラオケで鍛えているだけあって、上手ですな。

フィナーレは6年生が仕切り、まるでミュージカルのエンディングのような!

感動を覚えました。
素晴らしい学芸会を有り難う!

先生方、PTA役員の皆様に感謝。

帰宅し、昼食を取ってから職場へ向かいます。
午後からは勤務先の保健機関にて健康教室を開きます。

テーマは、糖尿病の予防!

HbA1cの値とか、今まで気にしたことがなかった。

糖尿病とは何たるか。
私自身も学びたいと思います。

本日は2部構成。
糖尿病予防に関心のある村民の皆様が、保健機関のフロアに参集されました。

第1部は運動指導士の先生から糖尿病予防のための運動、身体の動かし方。

今回ターゲットにしているのは、糖尿病になるリスクが高い「予備軍」にあたるひと。
もちろん、予備軍でなくても関心のある方が来られていますが、予備軍の方が発症リスクを下げるためには予防のために「運動」が欠かせません。それも、有酸素運動。

第1部の途中で第2部の講師の先生が到着されたので、私はそちらの先生の対応へ。

先生にお目に掛かるのは2回目。

前回は、絵本の朗読をされておりました。
朗読が、めっちゃくちゃ上手でした。

第2部に移るまでの間、先生と30分ほど談笑を。

その先生とは…

■むらまつ内科|愛知県新城市の内科・小児科・糖尿病内分泌科 消化器内科・アレルギー科

むらまつ内科の院長先生!
とっても行動的な先生で、お話も面白い!

先生のブログからも、親しみやすさが伝わってきます。
■むらまつ内科|愛知県新城市の内科・小児科・糖尿病内分泌科 消化器内科・アレルギー科

先日は、風邪を引いてしまった長男が通院してお世話になりました。

第2部に移り、むらまつ先生のご講演スタート。

随所に笑いポイントを盛り込まれるあたり、やっぱり面白い先生だなぁ。
その中で、いくつかプレゼンシートをピックアップ。

あくまで、国保の特定検診受診者の範囲ですが、糖尿病治療中の方の割合。
奥三河、他の県内市町村と比べて飛び抜けています。

移動手段の中心が車で、ドアツードアだから?
いや、食生活?
いろいろと原因は考えられるかも知れません。

そして、糖尿病をシロアリに例えられました。

糖尿病は血液中の「糖」を細胞中に取り込む手助けをする「インシュリン」が不足、もしくはその手助けを阻害されることによって血中の糖濃度が高くなることにより、血管に負担をかける状態。
血管は体内の様々な臓器へ栄養を始め酸素など、様々なものを送っている大切な輸送路。
輸送路が舗装路からボコボコの悪路に変わることで物流に影響が出る…すなわち、臓器に不具合が発生するわけです。

糖尿病によって輸送路が破壊されることにより機能が阻害されて命に関わる合併症になるリスクが高くなる。

輸送路が破壊されるだけでは、本人は気付きません。

輸送路が破壊されてしばらくして、取り返しが付かなくなってから気付く。

健康診断の数値を良く確認することは大切です。

ちなみに、私の指導教官は糖尿病について、このように語らっておられます。
■糖尿病と年齢、肥満 : 武田邦彦 (中部大学)

仕事を終えてから、帰宅。
豊橋から伯父さんが来ておられ!

パルとよねにて、家族揃って夕食をご馳走になりました。
いつも、ありがとうございます!

「小学校の学芸会→保健事業(糖尿病予防教室)」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください