まさに文庫本サイズ

昨夜、寝る前に…

やべぇ!!!
やり残した仕事があるじゃねぇか!!!

と、気づき、目覚まし時計を5時前にセット(汗

6時過ぎに会社到着。

朝から独り、慌ただしい日でした(汗
なにせ、この仕事を朝8時までに完了させなければ、
十数人を巻き込んだ計画がずれ込んでしまう(汗

1日ずれるだけでも、各方面に再調整をせねばならないので、
膨大な工数が発生してしまう。

ヤバイヤバイと、焦りながら無事に朝8時を迎えたのでした(汗

さてさて、表題の通り、面白いガジェットが発表されましたね!!

■東芝:ニュースリリース (2010-06-21):世界初の2画面タッチパネルWindows®ミニノートPC 「libretto W100」などの発売について
■2010年PC夏モデル:これはコンセプトモデルではない!──「libretto W100/11M」のデュアルディスプレイな使い勝手を試す (1/2) – ITmedia +D PC USER

見た目はパソコンのようですが…

image 

良く見てみると、本来キーボードがあるべき所に、液晶画面。

image 

これはまるで…

ニンテンドーDSじゃないか(笑)

横にしてみればほら。

image

まるで本を見開いたかのような表示。
もちろん、タッチパネル。

image 

こうしてケースに収まる姿は、本当に、文庫本みたいですね。

image

スペックも、パソコンに引けを取らない内容。
これで、12万円くらいらしい。

もうちょっと軽かったらなぁ~なんて、贅沢かもしれませんが(汗
OSはWindowsとのことで、パソコンとの親和性は高いでしょうね。

しかし…

如何に、この2画面を活用できるアプリケーションがあるか。
すべてはそこに尽きると思います。

さあさあ、ソニーさん、そ~ろそろ、ライバルたちに追いついてこなくていいのかい?ww

「まさに文庫本サイズ」への2件のフィードバック

  1. マッチポンプ早朝出勤お疲れ様でしたね(^ー^)
    ⇒大先生と、彼奴何であんなに早いのかなぁ。
      家に居辛い理由でもあるのかな、とか話してました。
    (そんなのは、俺か?!)
    東芝の端末は高いよね。
    ⇒あれで10万越えは無いですよー。
      6,7万ならブレイクするのでは、と私見です。
    さて、、、
    来月の少しだけ大きめな宴会の件、4649ねヽ( ̄▽ ̄)ノ
    ⇒吉備も呼ぼうね★
    仕事などより、余程楽しい段取りMtgが出来そうでしょ?
    (´∀`*)ウフフ

  2. >ウェスさま
    ホント、マッチポンプですわ。
    まあ、おいらがいつも朝早いのは、早く出勤して早く帰る!!
    ってことを目標にしておりますので。
    相対的には早く帰れていませんけどね…。
    でも、恐らく、もっと遅く出勤したら、夜帰るのがもっと遅くなると思われます。
    それは避けたいので…。
    21時帰宅なら、ギリギリ起きている妻子と会えますしね☆
    あと、朝、人より早く仕事を始めると、焦りが少なく、
    落ち着いて仕事をこなせるんですよ。(おいらに限る。)
    東芝の端末は…これ、OSがWindowsってだけで、数万高くなってますよね~
    ミニPCみたいな内容なので、10万切るのは大変だと思われます。
    筐体も小さいし。
    さて、大きめな宴会、幹事は断固拒否します!!!
    司会も拒否の方向で!!!
    ちょっと、頭を休ませて下さい…(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください