さあ次の橋に移ります

投稿者: | 2015年3月4日

最近、橋ブログになりつつありますが。

塗装工程を一通り終えた橋梁とは、また別の橋!

工事の種類も、また異なります。
橋の舗装を打ち換えるんですが、ここにひとつ。

橋を長寿命化(長持ち)させる手法が投入されます。

新しい橋には、必ずと言って良いほど採用されている手法なんですが、
古い橋…昭和年代に建造されていたものには、ほとんど搭載されていない。

その名も…

橋面防水。

DSC_3684

コンクリートの舗装を削ったあと、黒い樹脂状の物体を塗布します。
塗布後に固まるんですが、この樹脂より下層には雨水は浸透しません

付着防止のため、珪砂を散布してあります。

DSC_3686

コンクリート舗装も、経年劣化によって穴が開いたり、隙間が出来たりして、
雨水が橋の中、「床版」へ浸透してしまいます。

床版はコンクリートで出来ているので、
これまた水の浸食に弱い。

雨水による橋の劣化を促進させてしまいます。

それを防ぐ!橋面防水。

橋面防水した面の上にアスファルト舗装をして、
アスファルトから浸透してきた水も、この層でブロックします。

1層入れるだけで、橋の保ちが変わる!

橋の裏側に空いた穴も、ポリマーセメントモルタルで埋めてやります。

DSC_3687

インフラって、ひとつひとつの単価が高価。

できるだけ長く、使えるように、
様々な技術が開発されています。

 

さて、帰宅後。
ニュースをチェックしていたら…

ついに出た!

35mmフルサイズ対応の高倍率ズームレンズを発売 | プレスリリース | ソニー

レンズロードマップでは、昨年発表される予定だった、
ソニーのフルサイズセンサー用、高倍率ズームレンズ!!!

待ってました。

けど。

高いっ!!!

こりゃ…手が届かない…(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください