上黒川花祭り舞習い初日

歯医者へGO。

そして、自宅散髪by母上。

つづいて、娘を抱えながら自宅内のお掃除。

夕方には、娘も寝静まって静かな中で読書。

久しぶりに、休日らしいメンテナンスな1日を過ごしてから…

 

始まりました!!
今夜から、2016年1月3日に開催される上黒川花祭りに向けた花祭り練習!

午後6時半頃。

DSC_5576

昨日、クリスマス満月のナイス情報を下さった先輩。
梯子に登って。
早々と会場入りしている保存会メンバーで、会場準備。

昨年までは、私は氏子総代会計だったので、
花祭り舞習い初日は、慌ただしさと落ち着かなさと。

花祭りを楽しむような状態ではなく。

3年ぶりに、落ちついた初日を迎えました。

これまで、子どもたちの舞役を決めて下さっていた、
近所の大っきい先輩が私に変わって氏子総代会計に!

というわけで、今年は私が子どもたちの舞役を決める段取り係。

迅速に舞役を決定しないと、舞習いが始まらない!!
これは、これで、プレッシャーです。

昨年の舞役表をベースにしつつ、
一度、子どもたちを招集して、学年ごとに並んでもらい。

最も基本的な花の舞(舞上げ)を、保育園年長さんに割り振るところからスタートし、
小学生低学年、高学年、中学生…と、個別にヒヤリングしながら、
それぞれの希望を聞きつつ、表を埋めていきます。

仲良し同士で舞いたい希望もありますが、
花祭りにおける子どもたちの舞は、2人舞、3人舞とあり、
それぞれに難易度も異なります

当然、学年が上がれば、より難しい舞にチャレンジしてもらいます。

その匙加減を考えながら割り振るって、結構難しい。

30分ほどを要し、保育園児、小中学生の舞は割り振り完了!

同時に、舞習いスタート!

DSC_5578

その間も、特に花祭りを舞いたくて仕方ない中学生から、

「私、舞うのはひとつだけですか?もしできれば…もうひとつ、何か舞いたいんです…」

という希望が!
そりゃ、舞いたかったら、舞わせてあげたい。

ただ、そうすると、一気に難易度が上がってしまう…。
当人達の覚悟を確認。

難しさを承知の上で、ひとつ上のランクの舞を舞ってもらうことにしました。
それっくらい、花祭りが大好きな子たちです☆

練習の時間にも限りがあるので、
彼女たちは自主的に、似ている舞の反対側で練習。

DSC_5579

熱心な中学生女子。

で、初めての三つ舞(やち)にチャレンジした彼女たち。
これまでやったことがない所作が、複数加わります。

が。
すっげぇーーー!!

とても、初めてとは思えない足の運び。
さすがに舞の順序までとはいかないものの、動きができている!

動きが出ていれば、順番を憶えるのみ。

そういえば、昨年までも、しれ~っと片隅で練習していた記憶が。
熱心、スゴイ。

私も、太鼓の練習。

まだまだ、叩き方が板に付いていません。
舞の順番を間違えてしまったり…舞手の舞い方カウントを間違えてしまったり…。

「こらぁ!太鼓!!なにを叩いとるだ!!!」

怒号が響きわたって、意気消沈です。
小学生の舞なのに、自分の太鼓が舞の順番を間違えるとか、教え手としても失格。

めげずに、頑張ります。

今年は舞習い初日が土曜日の夜ということで、
初日からして子どもたちの舞は、ほぼ全て舞習いでき!

おかげで、帰宅は…

午前1時半。

明日は、朝から組管理水道のメンテナンス工事です。
お…起きられるかな(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください