冬はフロントガラス芸術祭

冷たい空気が肌を刺激して、目覚ましにはちょうど良い。

冬の時期は真っ白になる事が多いフロントガラスですが、
時折、何かを想像するような姿になることも。

DSC_0249

今朝は、まるで秋を取り戻すかのような銀杏型。

茎?になるような場所には広がらず、
それ以外の部分は放射状に広がる。

見方によっては、樹木のようにも。

降りてきた露がフロントガラスに触れる直前、
風になびいて動いた方向と関係があるのかなぁ~とか。

思いを巡らす楽しさが、冬の朝にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください