写真が溢れすぎて保存容量をアップ

写真をたくさん撮影する人にとって、その管理方法は写真を撮る並に頭を悩ませるもの。
我が家も例に漏れず、子どもが3人になってからというもの、動画も含めて爆発的にデータ量が増えました。

一番安くて手軽な保存方法は外付けハードディスクですが、これまでにも何度か、特に秋に夏バテしたかのように外付けハードディスクがアクセス不能になるという困難に見舞われました。

その度、ハードディスクを取りだしてケーブルを直接挿してサルベージしていたわけですが、4年ほど前に2ベイのNASを導入。
常にミラーリングする2つのHDDにより、データ消失のリスクはほとんど無くなりました。

たくさん保存するだろうからと、奮発して4TBの容量のHDDを差し込んでいたわけですが、どんどん残容量が減っていき…ついには使用量が90パーセントに。
これはまずい。

というわけで、またしても奮発して8TBのハードディスク、2個買いました。

ハードディスクの値下がり、なかなかのものでして、4年前に4TBを購入した金額とほぼ同じ。

これで、しばらく安心できる…。

2つのHDDが入るNASから4TBのハードディスクを1つ取りだして、8TBに差替。

そして、再びNASへ戻すと、自動的にミラーリングがスタートして差し込まれている4TBのハードディスクから8TBのハードディスクへデータがコピーされます。
8TBにデータが移りきったところで、残っている4TBを抜いて8TBの2個目を差し込む。

すると、既に差し込まれていた8TBのハードディスクから後で差し込んだ8TBのハードディスクへデータが移されます。

そして…。

これだけじゃ、ダメだった。

RAIDというデータ保存の冗長性を高める仕組みの再構築が必要。
いろいろ調べて行き着いた、参考になるサイトがこちら。

■QNAP HDD 交換 – プログラマーのメモ書き

ほんっと、このサイトのお陰様。
著者さんに感謝です。

RAIDを甘く見ていました。
あまり良く分からずに使っていたことを再認識です…。

公式サイトの解説を読んでも、ちんぷんかんぷんでした。
■ディスクの全交換による RAID グループの拡張
■オンライン RAID 容量アップグレード | QNAP

ちなみに、今現在もRAIDの再構築中。
うまくいくことを願って…(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください