鬼・オニ・ONI展

休日出勤分の代休を頂きまして、
豊橋市美術博物館で開かれている「鬼・オニ・ONI展」へ行ってきました!

image

まず、出発からして恐るべき光景が。

DSC_1686

WISHくんに降り積もる大量の花粉…。
紺色の塗装のはずが、まるで違った色の塗装のように(汗

車庫に置いておくだけで、こんなになっちゃうとは!!
やはり、マスクは必須です。

豊橋に到着すると、まず向かったのは豊橋カレーうどん!!!
先日、その発起人の方のお話を拝聴する機会があり、
ランチで食べてみたいと思っていたところです。

DSC_1687

駅前のお店へ。

店内は超満員!!
さすがお昼時ですが、駐車場には京都ナンバーがあったりと、
全国区に向けて着々と知名度が上がっているようです☆

あまりに混んでいたので、相席ではありましたが。

ウズラの卵が顔を覗かせ、うどんを食べ進めると底からとろろご飯が現れる。
絶妙なコンビネーション。

カレーうどんを食べると、いつも思うのが、残ったカレールーがもったいないなぁって(笑)
その問題を見事に解決してくれるとろろご飯。

食べ終わったあとも、なんだか気持ちが良い(笑)

今日はホワイトデーということで、マシュマロのサービス付きでした。
これは息子へのお土産ですね。

おなかいっぱいになったところで、豊橋市美術博物館へ。

DSC_1690

入り口手前にはデカデカと「鬼・オニ・ONI展」の看板が!!

DSC_1691

また、玄関を入ると、まるで鬼の展示が常設展かのように目立つプロモ。

3月2日には豊根村の下黒川地区と間黒地区の皆様が、
ここで出花(出張花祭り)を披露されました。

東三河地方には、花祭りや鬼祭りなど、鬼にまつわる祭りが数多く伝承されているので、
鬼をテーマにしつつも、この地域に限らず、鬼にまつわる歴史・民俗・美術を
それぞれの分野から紹介するという面白い試み。

さすがは平日。

空いていてゆっくり、じっくりと展示を見て回ることができました。
既に花祭りの開催を休止してしまった地域の祭具も見ることができ、
花祭り好きにはたまりませんな。

豊根村内でかつて花祭りが行われていた間黒、山内、曽川、分地。
東栄町では大入という地区がありました。

先日、タイヤがパンクしてえらい目に遭った分地にも、
佐久間ダムができて集落が水没するまでは花祭りがありました。

大入地区に関する祭具や情報などは
東栄町の花祭り会館に納められているものがほとんどです。

そこで驚いたのが…

大入地区には集落の7軒のみで花祭りが行われていたということ。

え?
7軒だけで花祭り!?

できるもんなの???

それができるということは、いくら継続に赤信号が灯っていると言われている
地元の花祭りであっても、まだまだ未来はあると思えてきます。

ちなみに、大入地区の祭具と資料は、県内で初めて、
国の登録有形民俗文化財に指定されることになるそうです。

もちろん、展示の中には花祭りの鬼だけではなく
仏教的な浄土(地獄絵図?)を描いた古い絵巻には
地獄の鬼や餓鬼がイラストとして登場しています。

花祭りでは鬼様は神の化身として大切な存在ですが、
それらの絵巻を見ると、どうみても悪者タッチ。

同じフロアに展示されているのが対比的で不思議な気分になります。

美術博物館を見学し終えると、妻の希望で「額屋さん」という類のお店へ。

イラストや絵画にとって、それが納まる「額」を選ぶというのは大切なことだそうです。
絵画が額に納まり、それでひとつの「作品」となるそうです。

ほっほぉ…。なるほど。

額を選んで、作品の「完成」となるわけですね。

よって、作品にとって重要な役割となる額は多様多種のものから選ばれる。
額屋さんには、それはもう、今までに見たことが無いくらい多種の額がありました。

どれもこれも一品ものばかり。

値段も…ね(笑)

新しい世界を見た気分で、これはこれで驚きましたが、
更に驚いたのが…

この額屋さん

高校時代に私が下宿していたお宅の隣の隣!!!

ものすっごい見慣れた景色の中に。
余りの近さに驚きを隠せません。

せっかくなので、高校卒業以来で下宿屋のおじさんに御挨拶(笑)

まさか、こんな展開になろうとは。
懐かしい、懐かしすぎる。

全然、変わっていません。

周囲の景色は所々変わっていて、
いつも利用させてもらっていた個人商店さんはシャッターが降りていました(泣

その後、いろいろと必要物品の買い出しを。

んで、妻を歯医者さんへ送り届け、私は散髪へ。

実は、妻の歯医者が今日のメインの目的。

散髪終わってスッキリし、妻を待ちながらカフェで読書し、
すっかり辺りは暗くなってたどり着いた夕食はこちら!!

DSC_1692

豊橋の伯父さんが大好きな東京庵(笑)
私も、ここのお蕎麦が大好き。

何が良いって、ざるそばのつゆにウズラの卵(生)を入れて食べるんですよ。
これがもう、たまんないおいしさ。

もちろん、蕎麦自体も大変旨し。

考えてみたら今日は2食連続で麺類+ウズラの卵w

まさに豊橋日和ですね(笑)

妻と二人きりでお出かけなんて久しぶりで楽しい1日となりました!!

“鬼・オニ・ONI展” への2件の返信

  1. オニ展行かれましたか。明日は芳賀日出男さんの講演があるのでまた人が多そうです。
    「鬼・オニ・ONI展」豊橋市美術博物館。 
    http://www.toyohaku.gr.jp/bihaku/exhivision/tenrankai.html
    今はこちらもオススメです!
    とよはし模型博inここにこ(豊橋こども未来館)
    http://www.coconico.jp/event/index-mokei.html
    花祭りのDVDいかがでしたか。湯囃子の時のしましょさんの動きが面白かった。

  2. >kawagさま
    おおお!!芳賀さんの写真は、たくさん展示されていましたね!!
    お話を伺ってみたいですねぇ。
    模型博のポスターも拝見しました。
    男心をくすぐりそうな内容で(笑)
    息子がいたら立ち寄ったんですけどね(汗
    DVD有り難う御座います!!
    実は、某番組製作会社さまへお貸しさせて頂きました。
    なので、まだ見ておらず…戻ってきたら直ぐにしましょの動きをチェックさせて頂きます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください