学生時代から貯まった書籍を整理

本を読む習慣ができたのは、社会人になってから…。

それまでは、本を買っても積んでおく一方で…。
やはり、小さい頃から本を読む習慣を持つというのは大切なことだと。

勝手に習慣のせいにして、積んである本を読み進めなかった怠け者でした。

それが、社会人になって。
自分で勉強しないと、誰も教えてくれない世界に身を投じるようになり。

自然と本に手が伸びて読み進めるようになりました。

たくさん読めば、本も貯まる一方です。
ああ、もちろん、興味を失って積んだままの本もあります。

本って不思議なもので、買った時のテンションでそのまま読み始めないと…
いつか読もうと買っておいた本ってのは、それからずっと開かないことも…。

読んでみたい!

と、買ったときに、そのまま読むべし。

ずっと捨てられなかった本たちですが、新しく本を買うためには名残惜しいですが…さようなら。

取っておきたい本と、きっともう読まないだろうという本と。
選別していると懐かしさがこみ上げてきますね。

まるで、思い出のアルバムをめくっているかのような。

作業を終えた夕食は…

妻と長男が美味しいハンバーグを作ってくれ!

娘さんが配膳してくれ。

美味しかった!

その後、ストレッチ大会が開かれた我が家ですが、
娘さん、あまりにも体が柔らかくて驚愕しました。

まるで、前進翼の飛行機だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください