なんてのんびりした大晦日か。花祭りが無いと…

例年恒例、大晦日は正月飾りの準備からスタート。

1月3日に花祭りがないというのは、大晦日すらも日常に等しくしてしまいます。

いつもなら、連日連夜行われる舞習いによって疲労困憊で迎えるはずなのに…。
ま、それはそれで、ゆっくりと思い巡らしながら新しい歳を迎えるでもいいじゃないか。

心に余裕があるって素晴らしい。

長男も、お祀りする神様の場所を完璧に覚えている
榊の葉は先端が尖っており、神様の依代になる。
お正月を迎える準備で榊に登り
神棚へ

神様の次は仏様。

お墓へ向かい、長男と2人で掃除をしていたところ…

ご先祖さまからの贈り物。

野生の花挿しとでも言いましょうか。
花瓶の中身がまるまる凍りつき、透明で透き通る花挿しになっていました。

自然に囲まれた環境で過ごしながらも、こうしてじっくりと自然に向き合う時があまりない日々。

改めて、自然の美しさを肌に感じ、暖かさ、冷たさを感じることができた日。

みなさま、良いお年を。

年越しそば、茶禅一さんより!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください