またシステム、新しいシステム

これからの時代、役所の職員のあるべき姿のひとつとして、
システム=ネットワークやデータベース、HTMLなどのコード、
そういった知識が教養として必須の時代が来そうです。

そう感じさせるほど、システムの更新や新しいシステムの導入があります。

行政内部のみならず、医療や保健事業においても、例にもれず。

知識がないと、悲しいくらいに仕事のスピードに響きます。
知っていると、知っていないとでは、打ち合わせの速度が違いますし、
なんといっても、導入してから必ず発生するトラブルに対して
どれだけ迅速に対応できるか。

そこに差が出てきます。

今日もひとつ、システムの導入がありました。

それはデータベースを使用します。
データベースの文法を多少、知っているか否かで、理解度が全く違う。

やっててよかった、趣味のブログ構築です。

スピードのみならず、導入事業者さんに緊張感を持たせることもできます。

「むむ、この人は『知っている』な。」

そう思われると、手抜きされる心配がなくなります。
どんな業種でもそうですが。

B to Bも、甘くない。

システムの使い手が、システムの知識を持っていることは、この上ない強み!

ゼロからデータベースを構築する知識は必要ありません。
依頼主たる自分が欲するイメージを適切に伝えることができる知識が必要なのです!

 

さて。
ショコラさんの入院は延長に。

土曜日まで獣医さんのところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください