長野県中川村に妻恩師を訪ねて。夜は花祭り舞習い。

投稿者: | 2019年10月14日

ブログのネタに事欠かない日々が続きます。
子どもたちにいろんな経験、体験をさせてあげたいと思うと、こんな風に…でも、そこに夫婦の趣味も盛り込むことが肝要なり。

というわけで、今日は長野県中川村へ。

妻の恩師がお住まいで、美術館ではギャラリー展示もされていると聞き及び!!
朝からおでかけの準備をしてクルマに乗り込もうとしたところで…

「あれ?」

「お父さんも、行くの?」

(´・ω・`)

ガーン。

まさか、数に入っていなかったという。

くたばっているから家で休んでいろという優しい心遣いではありますが、なんか楽しそうじゃん。
言ってみたいじゃん。

ハンドル奪って、行ってやりましたよ。
国道151号線を北上し、途中から県道1号線などを経由し、天竜川左岸を北上。

到着して、まずは早めのお昼ご飯。
そう!

一緒に行くのは我が家だけじゃなかった!
長女&次男の同級生ちゃんたちとお母さんも!

そりゃ、お父さん行くの?ってなりますわな。

しかしながら、知らない人ではありませんし!
いつも、お母さんたちと保健機関で出会いますし!

恐れることはありません。

お昼ご飯はこちら。

■中川村へUターンした「basecamp COFFEE」伊藤さん夫婦がつくるスープカレー&コーヒーは、心を温め人を呼ぶ

置いてあったパンフレットを見ながら、中川村をリサーチ。

あああ!
小渋ダムの中川村だ!!!

■土砂災害から人命を守る対策を学ぶ2日目 – kenta’s blog

美味しいスープカレーを堪能。

なんと。
妻がご馳走してくれました。

わーい♪

そして、興奮冷めやらぬ子どもたちを連れてアンフォルメル中川村美術館へ。

こちらで妻の恩師が主催する企画展を拝見しました。

そこから眺める景色も最高。

 

子どもたちが並ぶと、単なる景色じゃなくなります。

なんて、素晴らしい。

妻の恩師がホームページも制作されているこちらの工房へ御案内下さいました。

■中川はちみつ工房

うわぉ!
蜂蜜がたっぷり詰まった蜂の巣です。

長年熟成されると…このように濃厚な色合いに変化するそうです。
それを切って下さり…

巣をパクッと!

あま~~い!
こりゃいい。

さすが日本ミツバチ。
濃厚です。

西洋蜂蜜とは違うシロモノに感じます。

値段もね、スゴいけどね。

子どもたち、試食と言えぬほど食べ続けまして、これは買って帰るしかないでしょう。
何グラムを買ったかは秘密です。

店のシャンデリアも洒落ています。

先日、全国ネットで放映されたそうで、そこら中に宅配便の伝票が。
わっせわっせと、はちみつ工房のおばちゃんたちが発送準備中。

にもかかわらず、我々とお話をしながら発送準備という、なかなかのマルチタスク。

商売上手です。
お話も大変楽しくて、我々が住む豊根村の話をしたところ…

「今度、蜂持ってって山に置いておいて!!!」

って(笑)
売れまくりですな。

最後に、はちみつ工房のおばちゃんたちがオススメしてくれた酒屋さんへ。

■かんてんぱぱグループ米澤酒造株式会社

なんと、あのかんてんぱぱグループが酒造会社も経営されていると。
ちなみに、今回のママ友さん御主人は関谷醸造にお勤めです。

やはり、詳しい。

妻がハンドルを握ってくれるということで、試飲しまくってヘロヘロになりました。

試飲で酔っ払うって、経済的ですな。

帰宅し、今夜は…。

季節はずれの花祭り舞習い。身体から湯気が立ちそうです
今週末の本番に向けて!

外気はヒンヤリ涼しいけれど、熱気溢れて汗びっしょりになりましたのは、榊鬼(の伴鬼)。
15分足らずのエキシビションですが、しんどい!けど、楽しい…のが花祭り。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください