大入川を綱渡り。橋梁の定期点検

投稿者: | 2018年8月28日

昨日に引き続き、こだま橋の橋梁定期点検。

本日は、つり橋のメインケーブルを点検します。
メインケーブルや主塔はつり橋で最も高い位置に。

すなわちこれ、見ごたえがある。

橋梁中央部のメインケーブルが一番低い位置から徐々に高い位置へと移動していきます。

と!!
高所作業をするお二人をカメラでとらえる御方の姿が!!

山のしんぶんやさんが取材に駆け付けてくださいました。
様々なアングル、そして作業者の位置が変化する度、ベストなポジションを狙っておられます。
それを見ながら、私もそのポジションを狙ってみる(笑)

ちょっとした話題でも、足しげく通って下さる山のしんぶんやさんに感謝であります。

受注コンサルタントで現場責任者をやっておられる半沢直樹さんに
「新聞に載りますかねぇ?」
聞かれましたが、山のしんぶんやさんが取材してくださった情報は、超高掲載率につきご安心を!

お昼前には愛知県建設部の外郭団体の方々もみえました。

今回の委託事業で元請けになってくださっています。

その姿、まるでスパイダーマン。

この方々に豊根村で仕事をしたことがあるか伺ったところ、新豊根ダムで仕事をしたことがあると!
新豊根ダムといえば、ダムおばさん。

記事になってた(笑)

■スパイダーマン リターンズ│ダム好きおばさんの「ダム日記」

午後からまた、別の林道の現場に行かねばと考えていましたが、デスクワークに時間を取られてしまって残念ながら出かけられず。現場状況が気になります…。

 

 

 

 

 

 

 

大入川を綱渡り。橋梁の定期点検」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 業界最先端のコンクリ構造物点検ロボットが豊根に – kenta's page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください